わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抗がん剤治療(2回目)
2006年07月23日 (日) | 編集 |
2005年11月21日(月) 病院
体重4.2㎏(-0.4)
ご飯を食べなかったから痩せちゃったね
38.8℃

今日は2回目の抗がん剤投与
肺の雑音は消えているけど、首と後足のリンパはまだ腫れているそうです。

前回は、リンパ腫の発見が初期の段階でみつかったところに
抗がん剤を投与したため強く効いた、とのこと。
今日は少し弱めの抗がん剤を投与しました。

抗がん剤は後足の血管からの投与で、
少しでも動いて漏れると炎症を起こすので慎重に打ちます。
4種類の抗がん剤(一つは点滴で投与)を最も効果のある順番で
1週間に一度のペースで打っていくそうです。
抗がん剤投与から約2日間はオシッコを直接手で触れないようにと注意がありました

今日から お薬はステロイドだけになりました。

血液検査の結果
20051121_20100113130114.jpg
(白血球数の減少・・・考えられる状況、疾患はウイルス感染・敗血症・骨髄抑制)
(リンパ球の減少・・・考えられる状況、疾患はストレス・ステロイド投与・リンパ管拡張)
発症時に高かったアルカリフォスファターゼは基準値内に戻っていました。

<お薬> 7日分
ステロイド(プレロン錠 5㎎) ・・・ 一日1回 2錠

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
生化学 ・・・・・・・・・・・・・ 400円
静脈注射 ・・・・・・・・・  1,500円
薬価 ・・・・・・・・・・・・・・・ 200円
内服薬 ・・・・・・・・・・・・・ 700円
合計             5,933円


後々 知ったことなのですが、琴が診てもらっている動物病院の院長先生は
FeLV(猫白血病)に関して国内でもトップクラスの先生だということを
ある獣医師から教えていただきました。
それと獣医腫瘍科認定医Ⅱ種を取得しておられました
琴の担当医は違うのですが、院長先生がこんなに偉い獣医師だとは驚きました。
この病院は家から一番近いし、院長先生がFeLVに詳しいということで
安心して治療をお任せできると思ったのと、
身近にこの病院があったことにとても感謝です

よかったね、いい病院に巡り会えて
IMG_0295.jpg
新しい首輪に付け替えた時の琴
ちなみにリンの手作りです


コメント
この記事へのコメント
琴ちゃんは4種類の抗癌剤を使われたんですか。
ウチは3種類でした。やっぱり同じ病気でも個々の状態によって違うものなんですね。
お互い、良い動物病院、良い獣医師に巡り合えて本当にラッキー(*^^)vでしたよね♪
ただ欲を言うと我らが県にも獣医学科のある大学があればなぁ(^^ゞ
「リンさんが手作りしてくれたの(>_<)いいでしょ~(^^)似合う?」by琴ちゃん♪
2006/07/23(日) 11:39:14 | URL | ももり #/pdu0RA.[ 編集]
ももりさんへ
本当に良い獣医師のいる動物病院でよかったですよねv-290治療費もそれほど高くはないと思うし、感謝しなくてはv-354
獣医学科のある大学って国内でも少ないですよねi-198私たちの県にも獣医学科があれば優秀な獣医師が育って医療も発展していくのになぁv-100
にゃんこの首輪ってわんこに比べたら種類ないですよねi-198今つけている首輪が古くなってきたので新しいのをどうしようか考え中ですv-363
2006/07/24(月) 00:54:50 | URL | リン #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。