わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の病院
2011年10月16日 (日) | 編集 |
琴が亡くなってすぐ、母が お世話になった病院へ連絡をしました。

電話をしたとき、琴の先生は手術中とのことで
先生から折り返し電話をしますとスタッフさんが言ってくださったようです。

先生、きっと手術が終わって
すぐに連絡をくださったんじゃないかと思います。
30分後くらいには電話がありました。

母が お礼を言ったあと
私にも代わって お礼をいいなさいと言われたけど
涙がですぎて声もでず、お話することができませんでした。

でも、私が琴を連れて病院へ行きたいとワガママを言っていたので
先生に お願いをしてくれたら、大丈夫ですよって言ってくださいました。

夕方の5時頃が空いてるからどうぞ、と教えてくださったので
ご迷惑なのを承知で琴を連れて病院へ行ってきました。



ほんの少し会ってもらえればと連れて行ったのに
いつも診てもらってた診察室に通してくれて
診察時間中だったにも関わらず、30分も お話してくれました。


先生は すぐに琴の顔をみてくださって、本当に穏やかな顔をしてますねって
何度も言って いっぱい撫でてくれてました。

琴ちゃん、本当に よく頑張ってくれましたって。
しんどかったよねぇ・・・
もう ここのところ、しんどそうな お顔してたけどね。。
いい顔してるって。

本当に大事にしてもらって幸せだったねって
ずっと言ってくださって撫でてくれてました。

亡くなる前日に、誕生日ケーキの前で撮った写真を
持って行ってたのですが、
写真を見て先生は、目がしっかりしてますね。
きのうとは思えないって言われてました。


しきりに言われてたのは、
ここまで大切にしてくれる ご家族って なかなかいないって。
治療すれば治るのに費用の面とか、
諦めちゃう飼い主さんも多いとのことでした。
琴ちゃんは本当に幸せだったと思いますよ、と言ってくださっていました。

琴が貧血の闘病中、ブログに遊びに来てくださってる方は
抗がん剤を始めるときも、琴なら大丈夫って言ってくださったり
最後まで本当に奇跡を信じて応援してくださって嬉しかったのですが
母が相談した方々は みんな、そこまでネコちゃんは望んでないと思う
って言われてたんです。

先生に お話しすると、
それは それぞれの考え方で何が間違いとかではないって。
琴ちゃんは ここまでしてもらえて幸せだったって。

琴は ずっと しんどかったと思うけど
私は、琴の負担が少ないよう選択をしてきたつもりで
治療をしたことに後悔はないので よかったかなとは思っています。
琴も精一杯 最後まで頑張ってくれました。


先生が、琴ちゃんは美人さんですよねって
言ってくださったのをきっかけに
琴が小さかった頃の話にも花を咲かせました。

アイラインがあるし、キツイ顔してるでしょって言ったら
先生、そうですか?って言いつつも
小さい頃は採血もできないくらいキツくて
点滴をとるのも大変だったって お話してくれました。
でも、だんだん穏やかになりましたよねってフォローしてた(笑)
先生、琴が大きくなってからは
本当に大人しくなりましたよねって、しつこいくらい毎回言ってたもんなぁ。。

他にも いろいろと お話してくださいました。


先生が最後に お話をしてくださったのは
琴を診始めたとき、先生も獣医師になって間もなかったそうで
縦隔型リンパ腫を診たのも、琴が初めてくらいの子だったみたいです。

琴ちゃんから本当に すごく色んなことを学ばせてもらったんです、って。
おかげで その後に診たネコちゃんの治療は
全部うまくいったんですよ、と。
だから こういう子がいるってことを お話させてもらってるんです。
これからも お話させてもらうし、僕も忘れられない子です、と
お話してくださったことが本当に嬉しかったです。

琴が最後に取り寄せてもらった免疫抑制剤も、
琴ちゃんが初めて入れさせてもらったくらいの お薬で
最近 報告をされて使われるようになった お薬なんです、とのことでした。
もう早速 病院でも使わせてもらってるんです、琴ちゃんの お陰ですって。

まだ結果は出てないそうですが元気になってくれたら本当に嬉しいです。
琴が頑張った闘病生活が多くのワンニャンの助けになれればいいな。



受付をされている院長先生の奥さんにも
電話の対応や夜間の診察などで本当に お世話になりました。
琴がしている治療なども本当に よく分かっておられて
的確な対応には すごく助けられました。
一言だけでも お礼を言って帰ろうと思ってたのですが
わざわざ琴のいる診察室まで来てくださって お話してくださいました。


奥さんも、琴の顔をみて穏やかな顔だねって撫でてくれました。
今日も どうしてるのかなぁって、思ってくださってたようです。

私にも気を使ってくださり、
大丈夫?寂しくなるね、、って。
元気出してね、と励ましてくださいました。

琴、毎日のように病院に来てたから、
明日から病院も寂しくなりますって言ってくださった。
もう本当に小さい頃から常連のニャンコだったので
○さんといえば琴ちゃんっていうくらいだったそうです。


院長先生の奥さん、私と琴のことを姉妹みたいだねって
言ってくださったんです。
そういう風にみてくださったんだぁと思うと、とっても嬉しかった。
琴にピンクの毛布をかけて行ってたんだけど
琴ちゃんはピンクの似合う子だねって言ってくださって
よく分かってくださる~って、またまた嬉しかったです。



嫌な場所だったに来てくれて ありがとうねって琴に言ってくださったり
帰るときも、琴の先生と奥さんが
わざわざ病院の外まで見送ってくださり
院長先生の奥さんは車が出るまで見送ってくださいました。

もう本当に、最後の最後まで よくしていただいて
ここの病院に通えてよかったと心から思いました。


琴の先生を始め、お世話になった先生方、
スタッフさん、供血してくれたネコちゃん
琴が本当に お世話になりました。

ありがとうございました。




琴を病院へ連れて行って、先生に会っても
涙がでて お話できないと思っていたけど大丈夫だったんですよ。
それだけ安心できるような、落ち着く病院だったんだと思います。

先生に、最後の琴に会ってもらえて
いっぱい撫でてもらって、お話してもらえたことで
私の悲しい気持ちも落ち着いてきた気がします。
琴のいない寂しさは、どうしても埋められないんですけどね。。

先生には ご迷惑だったと思うけど、連れて行って本当に よかったです。



琴の最後の写真は追記に載せておきます。

私、以前までは琴の最後の写真なんて
絶対に撮れないと思っていたけど、やっぱり可愛くて愛おしかった。

もしよければ見てやってください。



琴、本当に お昼寝しているみたいでした。
111003_2336491.jpg


琴が亡くなった日の夜、迷子札をつけようと思い立ち
刺繍糸で簡単に編んで首に ぶら下げました。

名前と電話番号が刻んであるので
琴が うちに帰りたくなったら迷わず帰れるように・・・
という思いでつけました。

111004_0142131.jpg

この迷子札、琴につけることはなかったのですが
琴をもらってきたときに作ってもらっていたものなんですよ。

コメント
この記事へのコメント
リンさん、琴ちゃん今にも起きてきそうですね。
今は、まだお出かけ中なんでしょうね。
きっと、迷子札を頼りに
リンさんのお家に、帰ってくるよね、きっと。

なんか、いい言葉がでないけど
笑顔でね。
2011/10/17(月) 01:12:56 | URL | ちゃちゃ #-[ 編集]
琴ちゃん、ホントに安らかなお顔で、すやすや眠っているようです。
「にゃ?」って言って起きてきそう。

病院の先生とたくさんお話できて、心も落ち着いて良かったですね。
羨ましいですよー。
私は今でもホームドクターの病院もガン治療に通った病院も遠ざけたい気持ちがあります。前を通るとハンドルを握る手が緊張しますもの。

お母様のお友達のおっしゃる事も良く判りますが、もし最初の琴ちゃんがリンパ腫になった時、そう判断をしたら、その後の宝物のような5年11カ月は無かったんです。琴ちゃんはそれが分かっていたと思います。
ありがとうって言っていると思います。

リンさん、お体大切にして下さいね。
2011/10/17(月) 09:30:09 | URL | ちったん #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/17(月) 09:51:15 | | #[ 編集]
琴ちゃん、穏やかな表情で、今にでも起きてきそうなくらいですね。
猫はどんなに苦しくても最期まで生きようとするそうですから、琴ちゃんの治療方針は間違っていないと思います。

琴ちゃんは本当に幸せな子だったと思います。

琴ちゃん、姿形は変わるかもしれないけどきっとリンさんの下に帰って来ますよ!
2011/10/17(月) 14:45:10 | URL | mikan@ラグドール #KdUs5uV2[ 編集]
リンさん少しは落ち着かれましたか?

迷子札素敵ですね。琴ちゃんもとても穏やかに見えます。
本当にかわいい仔ですね!

家には二匹います。一匹は琴ちゃんによく似た三毛です。
まだ若くて元気な二匹ですがいつか必ずくるであろう別れの日までリンさんと琴ちゃんのようにたくさんの愛情を与えて絆を深めたいと思います…琴ちゃんのように二匹を幸せにしたいです…
まだまだそんな気持ちにはなれないと思いますが、リンさんのご家族のような素敵なお家にいつかまた猫ちゃんを迎えて琴ちゃんのような幸せな猫ちゃんが増えるといいな~と思います。
リンさん!ゆっくり少しずつ笑顔を取り戻して下さい!
どうかご自愛下さい…
2011/10/17(月) 15:44:14 | URL | たまこ #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/17(月) 18:41:04 | | #[ 編集]
普通に寝ている感じの琴ちゃん、本当に穏やかで良いお顔して
ますね。ほんと可愛い。
リンさん、とても良い先生と出会いましたね。なかなかこんな先生
いないと思いますよ。。
リンさんのこれまでの色々な選択は間違っていなかった。
だからこんな良いお顔をしてるんですよね。

琴ちゃん、もうリンさんの近くにいるのかな~。
だからリンさんも笑顔でいてくださいね。
2011/10/18(火) 20:06:25 | URL | kappa #-[ 編集]
琴ちゃんとってもいい顔。
笑ってる
幸せだったよ~って…
リンお姉ちゃんやお母さんの側て゛一生懸命頑張ったよ。楽しかったよって…
ほんといい顔してる
リンさんみたいに最後まであきらめず、この子達を大切に育てたいと思います。
リンさんが出会ったような獣医さんに会えるといいんだけど…なかなか難しいな
でも諦めないことをリンさんと琴ちゃんに教えてもらいました。
ありがとうございました。ずっと ずっと忘れないよ。琴ちゃん
ずっと ずっとリンお姉ちゃんと一緒だよ
2011/10/20(木) 06:41:49 | URL | 小麦ママ #-[ 編集]
最後に先生に会えて琴ちゃんも喜んでいるのでは?

リンさんとお母様の献身的な看病
頭が下がります。
琴ちゃんの治療は今後のワン&ニャンズの役に立ちますね。
お昼寝をしているような琴ちゃんの写真、
今にも起きて美味しいご飯ちょうだい!って言いそう。
かわいい美人さん!
迷子札をたよりにすぐに戻ってきますね。
2011/10/23(日) 05:20:06 | URL | 明石麻友子 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/25(火) 18:09:07 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/10/26(水) 00:34:33 | | #[ 編集]
時々覗きに来ては元気そうな琴ちゃんを見て
ホッとしていたのですが旅立っていったのですね。

琴ちゃん、リンパ腫を抱えつつも
ご機嫌さんで毎日幸せに暮らして
とっても幸せだったでしょうね。
このお写真のお顔が物語っているようです。

ずっと一緒にいたコの旅立ちはとっても寂しいけれど
絆はいつまでもずっとずっと繋がっていますもん。
またどこかで逢える、私はそう信じています。
2011/10/26(水) 11:30:40 | URL | Ganbaruneko #GpT49UKE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。