わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かなり厳しく危なかった。。
2011年09月29日 (木) | 編集 |
2011年9月28日(水) 病院

琴への応援、本当に ありがとうございます。
皆さんに応援や励ましを頂いて、琴も私も幸せ者です。
お返事が書けてなくてゴメンなさい。。

今日は もうブログが書けないと思ったけど
ゆっくり寝てもいられないので書くことにします。



今日の琴は、かなり状態が悪いです。。

缶詰を舐める元気もなくなって
急遽 買いに行ったスープや お水なら飲んでくれる。

もう歩くのもフラフラで、
おトイレをする元気もなく、へたり込んでしまった。。


今までにない状態の悪さをみて、
琴が おトイレでへたり込んでいる前でボロボロ泣いてしまいました。

こんな琴を病院へ連れて行くべきか かなり迷う。。
せめてトイレだけでもさせてもらおうか・・・
点滴だけでもしてもらうべきか・・・
でも、点滴をすれば おトイレの回数が増えるだろうから
オシッコを何回もする体力が心配で・・・

いつもなら病院に電話で どうするべきか聞いてたんだけど
診察時間中は先生と なかなか直接お話ができないので
私だけ病院へ行って相談することにしました。



先生は、点滴は水分を入れるだけなので延命にしかならないけど
1回だけでもしてあげて、これで少しでも元気が出たり
ご飯を食べるようになるか様子をみて
よければ続けてあげたらいいと思うって。
点滴をして悪いことはないし、初めから何もしないよりは・・・と。

トイレをしなくても水分が蒸発していくから脱水してしまうとのこと。

おトイレは無理やり出さなくても詰まることはないから、、だそう。


先生と お話して、やっぱり点滴をしてもらうことにしました。
家で待ってた母に連絡をして琴を連れてきてもらった。
私が病院へいる間にオシッコは出たとのこと。


体重4.80㎏(-0.04)


貧血が急激に進んでしまっているのかも、、と思ったみたいですが
舌の色は きのうと変わりないかなって。

皮下点滴250mlにビタミンと吐き気止めを入れてくれました。


先生、琴にとって辛い治療をするのはよくないと思うけど
リンパ腫を克服した子だから
治療を続けて頑張ってみたらいいと思うって。
でも、
いまの段階では何とも言えないけど
厳しいと思っておいたほうがいいとのことでした。
猫白血病が暴れだすと止められないそうです。。


先生、厳しいとは言われてたけど
きっと飼い主の私たちの気持ちを考えて
望みもあるように話をしてくれて ありがたかった。


<診療費>
再診料 ・・・・  600円
消耗品等 ・・・ 400円
注射料 ・・・ 3,560円
合計      4,788円


目だけは しっかりしてるんだ。
110928_0959191.jpg





夜9時ごろ、琴に お薬を飲ませる前に
少しでも胃に何か入れたほうがいいかなぁと思って
缶詰をスープで溶いたものをあげたら少し舐めてくれた。

それから少しして、お薬を飲ませたあとすぐ
琴がトイレに行ったのですが何も出せず
今度は嘔吐をしてしまいました。

その途端、琴が倒れてこんでしまって
呼吸が荒くなったと思ったら舌を出したまま元気がなくなった。。

もう本当にダメかと思った。
もうできることはないと思った。
病院へ すぐに連れて行っても。。
動かせば また琴の呼吸が荒くなるだけって。。

でも倒れこんだ琴をみかねて母が、
閉まっている病院へ電話をすると留守番電話。

だけどホントに すぐに折り返し電話をくれて
琴の先生はいないけど院長先生が診てくれるとのことで
連れてきてくださいって。


慌てて用意をしていたら、琴の頭が上がってた。
呼吸も少し落ち着いて、なんとか持ちこたえてくれたよう。。

病院へは連絡したので、できることがあるかどうかは分からないけど
急いで行ってきました。



嘔吐をしたあと倒れてしまう子はいるとのことで、
貧血が酷いし、脳貧血を起こしてしまったようです。
意識もなかったのかも。。

ステロイドや免疫抑制剤を使っていると筋力も弱くなるんだそうです。



呼吸が ちょっと速いので、呼吸を楽にする気管支拡張剤と
夕方とは違う嘔吐止めの注射を打ってくれました。

ご飯を食べると また吐いてしまって倒れてもいけないので
今日は絶食とのこと。

お薬も、もう今日は止めておいたほうがいいそうです。

お薬が効かなくなってしまわないか聞いたら、
1日くらいなら大丈夫だって。

お薬のメリットよりも吐いてしまうデメリットのほうが大きいとのことでした。


明日また診せてくださいねって言われたけど
琴、もうかなりグッタリです。。


そろそろ琴と添い寝しますね。


<診療費>
再診料 ・・・・・・・・ 600円
時間外料金 ・・・ 3,000円
注射料 ・・・・・・・ 2,600円
合計         6,510円


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/29(木) 08:24:13 | | #[ 編集]
リンさん、辛いですね。
琴ちゃんを抱きしめてあげてください。
話しかけてあげてください。
2011/09/29(木) 12:47:14 | URL | ちったん #-[ 編集]
秘コメさんへ
脳貧血なんて起こしちゃうんですね。。
もう本当にビックリして、このときは覚悟までしたくらいでした。
愛猫ちゃんもビタミンを入れてもらってたんですね。
琴も お薬と一緒に いつも入れてくださいました。
輸液だけよりも、ビタミンを入れてもらったほうが安心感もありました。
2011/10/12(水) 01:03:41 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
ちったんさんへ
急激に悪くなっていく琴をみていると本当に辛かったです。
琴のほうが しんどいのにね。。
この日は、ずっと寄り添って寝てました。
実は、朝まで持つかも すごく不安な夜でした。
2011/10/12(水) 01:04:43 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。