わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食欲減少と希望をもらったブログ
2011年08月31日 (水) | 編集 |
2011年8月30日(火) 病院

琴の画像が また消えてしまったぁ。。。
かなり凹むけど、こんなことで落ち込んでられないので
気を取り直してブログ書きます。



ここ数日、琴の食欲と元気が微妙に落ちてきました。

診察日より早いけど、あと少しで お薬もなくなるし
ちょっと聞きたいこともあったので今日、病院へ行ってきました。


先日、琴の貧血のことを何となく調べていたら
すごく希望をもらえるブログに出会えたんです。

そのブログは、琴と同じ免疫介在性の貧血になってしまった
ワンコのブログです。

そのワンちゃん、1年で12回も輸血をしてて
ある免疫抑制剤に変更した後から輸血をすることなく
貧血が改善されて何年も元気に過ごしているそうなんです。

免疫抑制剤を調べてみると、他にも症例がありました。
なぜか みんなダックスの子ばかりだったんだけど、
どの子もシクロスポリン(免疫抑制剤)に効果がなく
レフルノミドという免疫抑制剤を使って貧血が改善されたそうです。

この お薬のことも すごく気になっていたので
先生に聞こうと思っていたんです。



体重5.10㎏(+-0)
38.3℃(平熱)


今日の琴は、食欲も落ちてるけど元気もない。。
先生も肺の音を聞きながら「あまり元気ないですね」って。

数値が下がってなければいいんですけどね・・・
元気や食欲が落ちてきているから数値が下がっているかもしれませんね、、と。
私も今日は輸血 覚悟で琴を連れて行きました。。


採血をして、止血してもらっているときに
レフルノミドという免疫抑制剤のことを聞いてみました。

琴が通院している病院でも使ったことはある お薬だそうです。

いま飲んでいる抗がん剤との併用は
できないことはないとのこと。

これを使ってみるのも一つの方法です、って。

でも、もしかしたら許可のいる お薬かもしれなくて
申請をしないといけないかも、、とのことでした。


血液検査の結果
110830_2244341.jpg
(赤血球数、血球容積、ヘモグロビン量の減少・・・考えられる状況、疾患は貧血)
(平均血球容積の増加・・・考えられる状況、疾患は大球性)
(平均赤血球血色素濃度の減少・・・考えられる状況、疾患は低色素性)
(血小板数の減少・・・考えられる状況、疾患は血小板減少症)
(白血球の減少・・・考えられる状況、疾患はウイルス感染・敗血症・骨髄抑制)
(リンパ球の減少・・・考えられる状況、疾患はストレス・ステロイド投与・リンパ管拡張)


貧血は私が心配していたよりも下がってはいなかったけど
先生は じわじわと落ちてる、と。。
下がり止まりでもないとのこと。
なんとか持ってくれてますね、、って。

リンパ球がゼロなのも気になるようで
あまりよくないとのこと。
ステロイドを ずっと飲んでいるからだと思われます。

血小板も毎回 減ってるんだけど、
抗がん剤で下がっている可能性はあるそうです。


なるべく輸血の回数は少ないほうがいいとのことで
いまは熱もなく、体重も落ちてないし
ご飯も まだ9割は食べれているので今すぐじゃなくても よさそうです。

でも、ご飯を食べなくなるようだったら すぐに言ってくださいって。



それから、検査結果を待っている間に免疫抑制剤のことを
調べてくれたそうで、お薬が使えるとのこと。
申請も必要なさそうです。

ただ、いま琴が飲んでいるハイドレアという抗がん剤との併用は
あまりよくないかも、、だそう。
一緒に使ったことがないし、使うことがないので分からないそうですが
お互いが相互しあってしまうもののようです。

好酸球は落ち着いてるけど、
抗がん剤は1ヶ月くらい飲んでも あまり効果がみられないですよね、、と。
もしかしたら併用ではなくて、思い切って
お薬を変えることになるのかな。。
私は少なからず軟便には効いたと思っているので止めるのも少し怖いな。。


レフルノミドという免疫抑制剤は
病院で あまり使われることがないようで
わざわざ取り寄せてくれるそうです。

これから問い合わせてくれるらしく
入ってきたら連絡をくれるとのことでした。



免疫抑制剤がくるまでは、今のままの お薬を続けておいてくださいって。

だけど今日は琴の元気がないし、ご飯を食べなくなるようだったら
お薬が届いてなくても来てください、と。
すぐ輸血をしますから、とのことでした。


<お薬> 5日分
ステロイド(プレロン錠 5㎎) ・・・ 一日1回 1.5錠 (6日分)
抗がん剤(ハイドレア) ・・・ 一日1回 1カプセル
胃薬(サイトテック錠) ・・・ 一日2回 1/4錠 (6日分)
抗ヒスタミン薬(ぺリアクチン 4㎎) ・・・ 一日2回 1/2錠

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
内服薬 ・・・・・・・・・・・  2,170円
合計             5,271円


画像が消えたからって、こんな夜遅くに写真撮らなくても・・・ by琴
110830_2242511.jpg


今日 聞いた免疫抑制剤のこと、
先生は否定もせず、すぐに使ってくれる方向で動いてくれました。

喘息の吸入器も わざわざ琴のために取り寄せてくれたこともあるし
貧血の治療も症例がないなか、いろいろと手を考えてくださったり
いまも、抗がん剤を先生がマスクをしてカプセルに詰め替えてくれてます。

本当に いろいろと面倒をかけてばかりなのに
嫌な顔をせず動いてくださって、すごく ありがたい。


急激に病気が進んでいくかんじではないので
なかなか諦められないんです。。

琴、なんとか元気になって・・・


コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/08/31(水) 09:49:02 | | #[ 編集]
琴ちゃん、中々状況が良くならなくて心配です。

レフルノミドを猫に投与した例は今の所確認出来て
いないので琴ちゃんが初めてかもしれません。
既に琴ちゃんは前例のない領域に来てるみたいで
病院の先生も手探り状態なんだと思います。

後はサリドマイドや分子標的治療薬とかも効果の
高い薬品とされていますが高価です・・・

レフルノミド、効いてくれると良いですね。
琴ちゃんが早く元気になってくれるよう祈っております。
2011/08/31(水) 11:51:36 | URL | mikan@ラグドール #KdUs5uV2[ 編集]
リンさん こんばんわ
希望をつなぐ貴重なお薬ですね!
琴ちゃん元気になって欲しいです
ワタシの闘病仲間の猫さん(ある免疫疾患)も
ヒトでもめったに使わないであろう
某免疫抑制剤で寛解し、もう2年以上薬ナシの子がいます
投薬は冒険になるかも知れませんけど
使ってみる価値は十分あるんじゃないかと思いますー
2011/08/31(水) 20:24:20 | URL | 9猫 #nzO68nmY[ 編集]
希望
食欲が落ちると飼い主さんは凹みますよね。
何故?どうして?って聞きたくても、
会話は出来ない・・・もどかしい気持ち分かります。

希望のブログ、お薬が琴ちゃんにも処方してもらえると良いな。
私にとっては、琴ちゃんとリンさんのブログが希望、支えでした。
2011/08/31(水) 22:41:26 | URL | 明石麻友子 #-[ 編集]
通院、お疲れ様です。
季節の変わり目で、調子が良くない可能性もありますよね。
これから涼しくなるし、琴ちゃんも過ごしやすくなかな。

免疫抑制剤と言っても、色々とあるのですね!
新しい免疫抑制剤が琴ちゃんに効いてくれるといいです。
私も色々と調べてみようと思います。
剛ちゃんは、今は落ち着いていて改善傾向だけど、
正直、いつ悪化するかと思うと、毎週の検査は怖いです。
でも、こうやって別の免疫抑制剤もあるんだってわかって、
可能性が広がって、とても有難いです。

琴ちゃんが早く元気になりますように!
2011/09/01(木) 18:16:15 | URL | rabu_kun #bBmFigmc[ 編集]
秘コメさんへ
なんとなく食べが悪くなってきたかも、、と思っていたら
やっぱり食欲が落ちてしまいました。。
まだ自分から食べてくれているのでいいのですが
食欲が落ちる=貧血が進むという気がして怖いです。

そうですね、、よく、信頼できる いい獣医さんとは、
飼い主との相性が大切って聞きますもんね。
琴は、猫白血病や血液疾患に詳しい病院が一番近くにあって
飼い主の気持ちも大切にして諦めないでいてくれる先生に診てもらえて
本当に運がいいと思います。
この運の良さで何とか いい方向に持っていけたらいいんですけどね。。
琴に、元気玉が届いたから ご飯いっぱい食べるように言っておきます!
2011/09/02(金) 00:06:59 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
mikan@ラグドールさんへ
いろいろ お薬を変えても思うようには改善してくれないですね。。
レフルノミド、やっぱりネコちゃんの症例ってないんですかね。
それか効果がないので報告されてないのか・・・
琴の病気、血液疾患をいくつも診ている病院でも
初めての症例と言われるくらいだし
こんなに いくつも お薬を試す子って なかなかいないでしょうね。。
珍しいだけに先生も手探りで試してくださるのかな。
レフルノミドが琴にとって効果のある お薬であってほしいと願うばかりです。
2011/09/02(金) 00:08:14 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
9猫さんへ
この お薬を使ったワンちゃんのブログには
本当に希望をもらえました。
この お薬を使えるだけでも少し気持ちが明るくなりましたし・・・
なんとか琴に効果があるといいんですけどね。
珍しい お薬を使っているニャンコもいるんですね。
しかも元気に過ごしているだなんてスゴイなぁ。
お薬って症例報告されていなくても
何が合うか分からないものかもしれませんね。
2011/09/02(金) 00:09:37 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
明石麻友子さんへ
琴の ご飯の食べ方、最近は本当に変で
琴の気持ちが とっても知りたいです。
きっと食欲がないなりにも頑張って食べてくれているんだと思うんですけどね。
飼い主も、何とか食べてもらえるように あれこれと悩みます。。

このブログが希望になってたと言っていただけて嬉しいです。
琴も もう一度、誰かの希望になれるよう元気になってほしいな。。
2011/09/02(金) 00:10:44 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
rabu_kunさんへ
ちょっと涼しいときもあったのに、まだまだ残暑が厳しいですね。
琴は小さい頃から、暑がりなので早く涼しくなってほしいです。

よく使われる免疫抑制剤はシクロスポリンだと思うけど
他にも いろいろあるみたいです。
同じ免疫抑制剤でも効果のある病気は違うと思うけど
合う合わないは、その子その子によって分からないので
試してみたい気持ちは大きいです。
ちなみにレフルノミドは人のリウマチの お薬に使われているようです。

剛ちゃん、減薬中に数値が少し下がってて心配だったけど
今回は大丈夫だったみたいでホッとしました。
このまま落ち着いた状態で減薬が成功しますように!
剛ちゃんの先生は慎重に お薬減らしてるから大丈夫だと思ってます。
2011/09/02(金) 00:13:03 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
その後、琴ちゃんの調子はどう?
少しでも貧血が改善されて、食欲が戻りますように。
そして琴ちゃんにとって最良の治療が見つかりますように。
2011/09/02(金) 22:46:28 | URL | ももり #/pdu0RA.[ 編集]
ももりさんへ
ありがとうございます。
病院へ行った日から更に食欲が落ちてきて心配したのですが
また少し取り戻して、まだ8割ほどは自分から食べてくれてます。
元気も、貧血の体に更に慣れてしまったのか
病院へ行った日よりも落ち着いてるんですよ。
新しい お薬が今度こそ効いてくれるといいんですけどね。。
なんとかギリギリの数値からは脱したいなぁ・・・
2011/09/03(土) 00:08:01 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
琴ちゃん食欲が少し戻ってよかった。
食べてくれると安心するよね。
琴ちゃんと同じ病気のワンちゃんのブログには
とても勇気をもらえますね。
みんな琴ちゃんを応援しているよ。
琴ちゃんにしっかりパワーが届きますように。
2011/09/03(土) 07:37:10 | URL | ピーママ #RGWYXSdE[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/09/03(土) 20:37:25 | | #[ 編集]
ピーママさんへ
パワーをありがとうございます。
体調が悪いなりにも安定してくれてます。
ご飯も100%食べれてはいないんだけど
自分から進んで食べてるし、焦らず見守ることにします。
やっぱり難しい病気を克服して元気にしている子がいるというのは
すごく希望がもらえますね。
いまの琴よりも闘病生活は長いし、12回も輸血できたこともホントすごいです。
2011/09/03(土) 23:37:08 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
秘コメさんへ
めったに台風が上陸しない岡山に直撃しているというのに
わが家の地方は全く大丈夫です。
雨量が多かったので川の氾濫が場所によっては危険みたいですが
風は警報が出てるわりに ほとんどなかったんですよ。
風が酷くなかった お陰で琴も怖がることがなくて よかったです。
心配してくださって ありがとうございますe-466
2011/09/03(土) 23:48:40 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
自宅で1日5分、10日間とても簡単なことをするだけでお子さんの小児喘息を改善することができます。このまま副作用の強い喘息治療薬をお子さんに与え続けるより一日も早く、お子さんを喘息から解放してあげませんか。
2011/09/20(火) 20:50:27 | 喘息のお子様を改善する実践プログラム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。