わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄欠乏??
2011年08月06日 (土) | 編集 |
今日、琴の先生から検査センターに出していた
結果が返ってきたと連絡がありました。

一瞬、何の電話か全く分からず
検査センターに出してくれていることすら忘れかけてた
この前も結果が返ってきたか聞くの忘れてたもんね。
最近、ホント何か抜けてるわ。。



で、検査結果なのですが
以前までは血清鉄とTIBCの2つの数値が低いので
“慢性炎症”という反応だったのですが
今回は血清鉄が低くてTIBCは増えているんだそう。

そうなると貧血の原因が変わってきて
“鉄欠乏性貧血”ということになるんだそうです。
治療も変わってくるって。

鉄欠乏性の原因として、どこかからの出血が考えられて
琴は下痢というか軟便があるので腸からの出血があるのかなぁと。。

下痢は黒っぽくないし、オシッコも大丈夫そうなんですけどね。


先生、再診日を早めて週始めにでも来てもらって
超音波を撮って お腹に腫瘍などがないかを
診ておいたほうがいいと思うそう。

なので、月曜日に病院へ行って検査してもらってきますね。


抗がん剤は続けてていいそう。

好酸球が多いことには間違いないし
腸に入り込んでいて下痢を起こしていることも
考えられるので、とのことでした。



琴の体の中は いったいどうなってるんだろう。。
状況が その時々で すごく違う・・・

慢性炎症の反応だったり
骨髄の中は免疫介在性だったり
好酸球増多症もあるし
今度は鉄欠乏性貧血。。

全部あるんだろうか・・・

先生も、その時々を診ていくしかないんですけどって。


それにしても、いま まさか こんな反応が出るなんて思いもしなかった。
先生も、輸血の前に もう一度 慢性炎症の確認をしようと思って
検査に出したんだと思うし。。

一度 検査をしたから結果は変わらないではなくて
その都度 検査してみないと分からないことってあるんだなぁ。。


琴の お腹の中に腫瘍がありませんように・・・



暑い夏でもフミフミは毎日の日課です
110806_1357141.jpg


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。