わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お薬の反応が悪いです
2011年06月30日 (木) | 編集 |
2011年6月30日(木) 病院

月曜日に お薬を増やしてもらってから
食欲が ほんの少しだけ低下して、琴の様子も大人しい。。

お薬で大人しいのか、貧血が進んで しんどいのか
分からないので早めに診てもらいました。



体重5.50㎏(-0.1)

38.1℃(平熱)


今日も早速 貧血の具合を調べる。。


血液検査の結果
110630_1512181.jpg

(赤血球数、血球容積、ヘモグロビン量の減少・・・考えられる状況、疾患は貧血)
(平均血球容積の増加・・・考えられる状況、疾患は大球性)
(平均赤血球血色素濃度の減少・・・考えられる状況、疾患は低色素症)
(血小板数の減少・・・考えられる状況、疾患は血小板減少症)
(リンパ球の減少・・・考えられる状況、疾患はストレス・ステロイド投与・リンパ管拡張)


貧血の結果は変わりないそうです。

微妙に増えているものもあれば、減っている数値もあり、横ばい程度とのこと。

新しく造られている赤血球があるにはあるそうですが
力が弱いんだそうです。。


お薬の反応が悪いことは確かだけど、
でもステロイドは数値を下げてから改善させていくので
今の段階では、お薬で大人しいのか貧血のせいなのかは
何とも言えないところだそう。。

今すぐ骨髄検査をするのも一つだし、もう少し様子をみるのもあり。


今回、ステロイドをたくさん飲んでいるので
正しい検査結果がでないかもしれないけど、
でも骨髄検査ができないことはないので
それを考慮して診断します、とのこと。


骨髄検査をするとなると、輸血は絶対に必要とのこと。
貧血の体に麻酔をすると酸欠になり、命の危険があるからだそう。
輸血をすれば何日かは良い状態が保てるそうです。


骨髄検査の結果は、その日のうちに院内で判るらしく、
染色をしないといけない場合は検査センターに出すので
少し日にちがかかるそうです。



今日は、好酸球の数値は下がってたけど
いくら お薬で抑えても増えてくる好酸球のことが以前から気になっていました。

ネコちゃんはアトピーでもアレルギーでも好酸球の増えやすい
動物ではあるけど、骨髄の中で好酸球が増殖している可能性はあるとのこと。。
骨髄検査で一緒に分かるそうです。

他にも好酸球の病気は いっぱいあるって。


猫白血病があるので、慢性炎症以外の病気があっても
おかしくはない、だそう。
なので、骨髄検査をして原因をハッキリさせたほうが
いいかなぁと思うって言われてました。


今の段階では何とも言えないところなので、
診察予定だった月曜日まで様子をみることになりました。

でも、この調子だと骨髄検査になりそう。。


血球容積が15を切ると、状態がグッと悪くなるそうです。

足もフラフラしてくるそうで、琴も実際
高いところに上がり損ねて落ちました。。

今より状態が悪くなるようだったら命の危険もでてくるので、
明日にでも連れてきてくださいとのことです。



今回はステロイドの量が多いので胃が荒れていて
食欲が落ちている可能性はあるらしく、
追加で飲めそうなら胃の粘膜を保護する お薬をだしておくとのことで
念のために お薬は処方してもらいました。
帰ってからすぐにでも飲ませてあげてくださいって。


<お薬> 4日分
胃薬(サイトテック錠) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
内服薬 ・・・・・・・・・・・・・ 200円
合計             3,203円


今日は写真がなかったので ちょっと古いのですが・・・
110521_1214511.jpg
自らを梱包した琴


コメント
この記事へのコメント
リンさん こんにちわ
うちに好酸球増加症の子がいて
いつも参考にさせてもらっています
ずーーーーっと前にコメさせてもらったこともありますー
骨髄検査、うちもやろうかと思ってて
琴ちゃんの検査、陰ながら応援しています

これは人間の場合なんですが、
好酸球増加の原因が骨髄にある場合、
グリベックという抗がん剤が著効だそうです
好酸球増多症候群の治療で
ステロイドに取ってかわると言われているそうです
んでこの薬、調べてみると
犬猫の肥満細胞種の治療には使われてるんですね~
犬や猫に(病気は違えど)投与例があるのは心強いです

すっかり長くなっちゃってスイマセン
琴ちゃんが良くなることを願ってます!





2011/07/02(土) 11:51:28 | URL | 9猫飼い #nzO68nmY[ 編集]
9猫飼いさんへ
コメントをどうも ありがとうございます。
うれしいです。
9猫飼いさんのニャンコちゃんも骨髄検査を考えられているんですね。
好酸球増加の原因を突き止められるのかな?
麻酔で検査となると心配ですよね。。
ニャンコちゃんの体調をみながら決めていってあげてください。

お薬の情報ありがとうございます。
グリベックってヒトの慢性骨髄性白血病に使われているものと同じものかな?
保険が効かなくて すごく高いとかいう。。
ワンニャンにも使われているんですね~。
ワンニャンの好酸球増加にも効くものだといいですよね!
ステロイドに変わるだなんて うれしい。

琴への応援ありがとうございます。
月曜日に検査予定なので頑張ってきますね。
2011/07/02(土) 23:48:07 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。