わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

慢性炎症ギリギリだけど・・・
2011年04月12日 (火) | 編集 |
2011年4月11日(月) 病院

土曜日の夜、ウンが出たあとくらいから
少し琴の調子が上向き始めました。

ご飯も自分から食べるようになったし
グッタリした感じはなくなって、少~し元気が出てきた気がします。


かなり通院のストレスが溜まってきている琴を連れて
血液検査をするために今日も病院へ行ってきました。


体重4.90㎏(-0.06)
38.2℃


少し調子もよくなってきたので
今日は血液検査の結果をみて点滴をどうするか決めるとのこと。


採血の止血をしている間に、
琴は猫白血病が関係していないのか また聞いてみました。

先生、「猫白血病が悪さをしている様子は全くない」って。

白血球も増えてないし、熱もない
血球容積が10くらいまで下がって15くらいでは止まらないはず。
消化器系のリンパ腫もない。

猫白血病が関係して起こる貧血には どれも該当しないんだそう。
「絶対とは言い切れないですけど」とのことですが。。


これを聞いて少しホッとしてたのに、
血液検査の結果は思わしくありませんでした。

血液検査の結果
110411_2151551.jpg
(赤血球数、血球容積、ヘモグロビン量の減少・・・考えられる状況、疾患は貧血)
(平均血球容積の増加・・・考えられる状況、疾患は大球性)
(平均赤血球血色素濃度の減少・・・考えられる状況、疾患は低色素性)
(血小板数の減少・・・考えられる状況、疾患は血小板減少症)
(リンパ球の減少・・・考えられる状況、疾患はストレス・ステロイド投与・リンパ管拡張)
(アスパラギン酸トランスフェラーゼの減少・・・考えられる状況、疾患は肝不全)
(総コレステロールの増加・・・考えられる状況、疾患は脂質代謝異常)


貧血がまた進んでいて、全体的に1%ずつくらい下がってしまいました。

先生も、琴が元気になってきているのに
貧血が進んでいるのは気になるところだそう。


猫白血病が関係していても少しずつ数値は下がるようです。

まだギリギリ慢性炎症の範囲内だけど、早めの検査として
腎臓から出ているエリスロポエチンというホルモンの数値を
検査しておこうと思う、とのこと。

体が異常を起こしていれば、このホルモンをたくさん出すんだそう。

もしエリスロポエチンが増加していれば
骨髄で血液が造れない問題があるって。

そうなれば猫白血病が悪さをしている可能性があるんだそう。。


もし数値が高ければ、もう骨髄検査をしようと思います、とのこと。
骨髄検査は麻酔もするし、最終的な検査なんだそう。

骨髄検査は貧血が酷くなる前にしたほうがいいので
早めにホルモンの数値を検査しておくって。

でも骨髄検査するとなると
輸血をしながら検査しようと思う、と言われてました。。

これで慢性炎症かどうかの診断もできるとのこと。


ホルモンの検査は血液から分かるので
またまた採血することに。。
さっきとは違うアンヨで頑張りました。

検査センターに出すので、結果が分かり次第 連絡をくれるとのことです。



点滴は今日もしておくことになりました。


お水を未だに飲まないんだけど、無理に飲ませなくてもいいらしい。。
ネコちゃんは元々そんなに飲まないし
ステロイドも減らしているので量が減っているんだろう、とのこと。
琴、たぶん全く飲んでないと思うんだけど
先生は そうは思ってなさそうなんだよね。。


食欲があれば、次の診察は3日後でいいそうです。
それまでには検査結果が分かってるかな。。

猫白血病が悪さをしていないかと思うと怖い・・・


<お薬> 3日分
抗ヒスタミン薬(ぺリアクチン 4㎎) ・・・ 一日2回 1/2錠

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
生化学7項目 ・・・・・・・ 2,800円
生化学2項目 ・・・・・・・ 1,200円
皮下点滴 ・・・・・・・・・  2,500円
消耗品等 ・・・・・・・・・・・ 400円
薬価 ・・・・・・・・・・・・・・・ 280円
内服薬 ・・・・・・・・・・・・・ 150円
検査センター ・・・・・・・ 1,500円
合計            12,264円


今日、琴の病院の帰りに寄り道をして帰りました。
110411_2136571.jpg

実は母が体調を崩して入院しているのです。。
琴がプチ検査入院をしたと同時に。。

母の調子は だいぶん落ち着いて元気になってきたので
琴に会いたい~って。

琴の病院と母の入院先は すぐ近くなので琴のストレスも少ないだろうし
病院の玄関先まで行き、会うことに。

1週間ぶりに琴に会った母は すっごく嬉しそうに抱っこしてました。
琴は声に反応はしてたけど、知らない場所なのでキョロキョロしてた。

時間がなかったので少ししかいられなかったけど
寂しさや不安が少しでも紛れて
早く2人とも元気になるといいなぁ。。


琴の通院と母の入院が重なって
毎日がバタバタです。。
落ち着いてコメントもできず申し訳ないです。。


コメント
この記事へのコメント
お母さまも入院されてるなんて、大変ですね。
落ち着いてきてるとのことなので良かったですが、早い快復を祈ってます。

お水のことなのですが、うちの‘冬’が、皮下輸液すると、全く水を飲まなくなるタイプです。ほんと、全く、一口も。
同じように病院で全然飲んでいないことを伝えると、同じような返事をされます。
‘人間が寝てる間に飲んでるんだろう’ぐらいに先生は思ってるんじゃないかって、思ったことありますけど、多分、琴ちゃんと同じように全く飲まなくなりました。
こちらからしたら、口から水分を摂ってないのは凄く心配ですよね・・・・。

琴ちゃん、重大な理由じゃないように、ほんとにほんとに祈ってますね。
2011/04/12(火) 20:19:16 | URL | みぃ #uWaX6F5c[ 編集]
みぃさんへ
ご心配をおかけしました。
母の病気の原因もハッキリしておらず心配しましたが
抗生剤が効いて、無事に退院できました。

点滴をするとニャンコって お水を飲まなくなることがあるんですね。
てっきり しんどくて お水も飲めないのかと心配になってました。
みぃさんの お話を聞いて すごく安心しました。
ありがとうございました。
点滴をしなくなってからは お水もちゃんと飲むようになったので
琴も点滴をすると お水を飲まなくなるタイプなんでしょうね。。

琴への応援ありがとうございます。
みぃさんちのニャンズも体調が落ち着いてくれるよう祈ってます。
2011/04/23(土) 14:59:22 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。