わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫白血病の再検査
2006年07月19日 (水) | 編集 |
2005年5月12日(木) 病院
猫白血病ウイルスが、インターフェロンの連続投与によって
陰転しているかどうかの再検査の日

体重2.9㎏
38.9℃

採血をするとき、琴は今までになく
おびえて一生懸命に逃げようと抵抗する

10分後、結果を知らせに獣医師が来られた。
結果は陽性で、残念ながら陰転はしていませんでした

「何か変わったことがあればすぐに連れてきて下さい」とのこと。
また、ストレスも発症の原因になるので注意とのことでした

琴も約6ヶ月になるのと、FeLVを発症させないために
避妊手術をすることに決めました

血液検査の結果
20050512.jpg
(アルカリフォスファターゼの増加・・・考えられる状況、疾患は肝疾患・骨疾患・胆汁うっ滞)

術前の血液検査も問題なしです。


<診療費>
再診料 ・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・ 500円
FeLV検査 ・・・ 2,500円
術前検査 ・・・  3,000円
合計        6,930円


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。