わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生しっかりしてよぉ・・・
2008年03月13日 (木) | 編集 |
2008年3月11日(火) 病院

お薬もなくなるし、嘔吐も心配なので琴も一緒に病院へ行ってきました

月曜も吐いたんですよ・・・
前回お薬をもらいに行ってから(約20日前)計4回の嘔吐でした。。

体重4.90㎏(1ヶ月前より+0.14)
痩せたかと思ってたから体重が戻っててホッ

しっかりしてよ Part.1
吐いた回数と様子を伝えると、獣医師が
「今日の様子を聞くと嘔吐じゃなくて、吐き戻し(吐出)ですね・・・
咳をして吐いてるんでしょう。。」
って。(咳っぽい吐き方ではないんだけどね。)
「前 聞いてた様子と違う・・・」とも・・・

獣医師は、琴が吐くタイミングは食後しばらく経ってから
嘔吐する様子を想像していたようです。
以前、1回だけ消化してるものを吐いたと伝えたので、
このことが頭にあったのかな・・・
私はいつも「食べてすぐ吐くんです・・・5分から10分以内に」って
伝えてたと思うんだけど。。
その時の伝え方、感じ方で随分 話が違ってくるようです

じゃあ今まで食物アレルギーやら胃腸炎って
言われてたのは何だったのって感じでしょ・・・
ステロイドまで飲んでるのに。。
ここから獣医師の様子が少し変わります

「好酸球が高いし、食物アレルギーや好酸球性胃腸炎ではないんですか?」って聞くと
「そういう可能性もあるということです。。」(確かに検査してないしね・・・)
「今日 聞いた様子だと咳の可能性が高いですね。
前 聞いてた様子と違うんでね・・・」
と再び三度
「食道と気管支は すぐ側にあるので刺激されて吐くんでしょう・・・」と。。
気管支炎からきているのかと尋ねたら、そうみたいです。
以前からあるような咳は最近してなくて、
「症状の出方が変わったのかもしれませんね」
「咳からくる吐出の場合でもステロイドで治まるんですけどね・・・」
と言われました。


しっかりしてよ Part.2
気管支炎の影響なら前に飲んでた お薬がいいかも、、と思って
私が「気管支拡張剤を飲んだほうがいいんですか?」と尋ねると
“あっ、その方法がいい!”みたいな表情で「そうですね」、と

なので、お薬を切り替えてみることになりました。
でも急にステロイドを中止すると体に負担がかかるから
2.5㎎から1㎎→1日おきと少しずつ量を減らしてから切り、
それから気管支拡張剤を試してみることになってます。

「今回ステロイドを飲んだ量くらいでは、
抗がん剤が効きにくくなるというような
心配はしなくていいから」
と おっしゃってました。
「元々、再発の場合はワンちゃんもネコちゃんも
抗がん剤が効きにくいから」
って・・・
あんまりフォローになってないよ~先生


しっかりしてよ Part.3
以前、気管支拡張剤を飲んで副作用がでたことを
覚えてくれてるか不安だったので
「前、副作用がでたけど大丈夫ですか?」って聞くと
「あれは副作用じゃなくて元気になった感じですよね?」って先生、、
「副作用かもしれません」って言ったじゃん

「いろいろ種類があるので違う種類にしてみましょう」とのことです。
副作用のこと、軽~く忘れてた感があったので言っといてよかった。。


一通り話し終わったあと、触診をしてくれました。
「太ってますね~」「オシッコ溜まってますね」
言われただけなので大丈夫みたいです。
あと今日は、喉を刺激して様子を観察してました。
吐いたり咳をすることはなかったのですが、
琴は「ウッ」って何度も吐きそうにしてて、ちょっと可哀相でした


しっかりしてよ Part.4
触診の前、若手獣医師に「聴診器 持ってきて」と頼む琴の先生。
でも持ってきてもらったのに聴いてくれようとしないんですよ・・・
もう診察も終わるのかなぁって時に思い出したのか、
やっと肺音を聴いてくれました
問題はないようです


しっかりしてよ Part.5
最後に「これ以上 太らせないようにしてくださいね」と言うので
「一日分の半分くらいしか食べてないんですよ」(療法食しかあげてないし・・・)
と伝えると、(避妊手術をしてたら太りやすいので)
「避妊手術してました、、よね!?」ってカルテを見返すんですよ・・・
先生~っ
先生が避妊手術したほうがFeLVを発症しにくいからって言ったんだよ・・・
先生が手術してくれたんじゃないのぉ~
数年前のことだし覚えておいてほしかったなぁ・・・


あっ、診察も終わり「もういいですよ~」って言われたあとに
気づいたんだけど、嘔吐の原因が吐き戻しなら
大好きなササミも食べられて療法食じゃなくてもいいんじゃないって思ったんですよ
でも・・・聞く勇気ありませんでした
先生、そそくさと診察室を後にしようとしてたからね(笑)
今度 聞いてみます
もしかしたら胃腸炎と気管支炎の両方から影響してるのかもしれないしね。。

お薬はステロイドを20日分処方され、
症状が悪化しなければ次回は お薬だけでいいそうです。
「吐く様子をみといてください」とのことでした。


何だか今回の診察はトホホな感じ。。
先生を信頼して頼りにしてるんだから、しっかりしてよぉと思った一日でした。
でも伝わり方が少し違うだけで、病気が違ってくるんだなぁと痛感もしました。
私も、もっともっと詳しく説明しなきゃいけないと少し反省・・・
もしかしたら怒る人は怒ってるよね。。
私と母は、先生のキャラというか昔から度々「しっかりしてよぉ」と
突っ込んでいたので怒ることはないし、笑って飛ばせるんだけど。
それに、あんまり飲ませたくなかったステロイドも切ることができそうだし、
消化器系のリンパ腫の疑いもさらに減ったと思うので、いいことにしますか

琴は かなり被害受けたよね、、ゴメンね
3月11日(火)
今回は先生の気持ちを察したかのように
大人しく診察をさせてくれた琴ちゃんでした(笑)

<お薬> 20日分
ステロイド(プレロン錠 1㎎) ・・・ 一日1回 1錠

<診療費>
再診料 ・・・ 600円
内服薬 ・・・ 400円
合計     1,050円


コメント
この記事へのコメント
え~~~?!胃腸炎じゃなくて、気管支炎が原因だったの?
じゃあ、今までの治療って一体・・・・
でも患者の訴えが先生にうまく伝わらない事って多いよね。
ピーちゃんも2年前に初めて気管支炎を発症した時、最初は胃薬出されたの。それは私の言い方が悪かったみたい。ピーちゃんも咳の後、嘔吐または空嘔吐を繰り返してたので、その話をしたら胃炎かもってことになって胃薬を貰ってもう少しで帰るとこだったんだけど、会計の時タイミングよく(?)ピースケが咳と空嘔吐を繰り返しだして、先生が「これは胃炎じゃなくて気管支の方です」って気管支炎が判明した。ということがありました(^_^;)
あの時先生の前で咳をしなければ、多分無駄な治療をしてたと思う(-_-;)
琴ちゃんもやっぱり気管支炎の方なのかな。
それなら大好きなササミも食べれるよね。
はやくハッキリするといいね。そんでもって晴れておやつ再開になるといいね。
それにしても・・・・先生しっかりしてくださいよ!
2008/03/13(木) 07:42:27 | URL | ピーママ #RGWYXSdE[ 編集]
こんにちは!
気管支炎だったのー?
じゃステロイド服用しなくてすんでたのに~・・・
ホント、ちょっと先生しっかりしてよー!!!

意志の疎通ってホントちょっとした事で
違う意味に伝わっちゃったりするから難しい・・・
私はもともと粘着質なんで(笑)
後からでも気付いたことはガンガン電話して聞いちゃいます!
(その場では目先の検査結果に一生懸命で
だいたい家に帰ってから、あの時先生が言ってたアレって・・・???
って思うパターンが多いもので・・・^_^;)

何にせよ、早く原因究明して正しい治療を進めてもらいたいですね!
大好きなササミが一日も早く食べられますように!!!
2008/03/13(木) 15:40:47 | URL | さくらのママ #MByLbG9.[ 編集]
あははっ、大変な1日でしたね"^_^"
診てくれたのはいつもの副院長先生だったんですか?
何年も付き合ってても、いろいろあるね!
ナナも同じです。
前回の「大腸炎」の時も「鮮血」と「少し黒っぽい血」とうまく伝えられなくて、飼い主は「鮮血」だと思い込んで話をしてたんだけど、本当は「少し黒っぽい血」でした。
伝えるって難しいです(>_<)

ゆっくり話がしたい時には、夕方からの診察に行くようにしています。
先生がバタバタされていないので・・・

がんばれ琴ちゃん、何でも食べれる日が1日でも早くきますように。
2008/03/13(木) 16:14:41 | URL | ナナママ #3rp9YX9M[ 編集]
ピーママさんへ
今回の様子では気管支炎が影響してるみたいですv-356
この嘔吐の問題で通院する以前にも「刺激されて吐きやすいんでしょう」って言われたことあったんですけどね、、気管支拡張剤を飲んでるときに。でも嘔吐を診てもらうようになって好酸球が高かったから私もてっきり胃腸炎になってしまったんだろうって思ってたんですよ。。気管支炎と胃腸炎の両方もってるのかもしれないけど・・・検査をしていないので何とも言えないんですよねv-13
ステロイドは好酸球減少にも効いてくれてる、、はずi-229
ピーちゃんのお話、何か記憶がありますe-2
胃薬と気管支拡張剤じゃあ、えらい違いだもんね。ピーちゃんみたいに病院で症状が出れば伝わりやすいんだけどね。。先生も「吐く様子をみてないから・・・」って言ってました。でもカメラをずっと構えてるわけにもいかないしなぁv-356
ピーちゃん、空嘔吐してたんだ、、やっぱり琴も気管支炎の影響なのかな。。
琴は大好きなササミを我慢させられて迷惑な話ですよねi-230
私も早く琴が喜んでササミを食べる姿みたいなぁe-251
久々に先生に突っ込みをいれたくなる診察でした(笑)
2008/03/14(金) 01:33:29 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
さくらのママさんへ
持病(i-198)の気管支炎の影響が大きそうですe-263
気管支炎にもステロイドは有効なので無駄な治療、、とまではいかなかったんだけど
琴には効かなかったみたいです。意味ないかi-229
今回、症状を正確に伝える難しさと大切さを勉強させられました。
つくづく琴が説明できたらいいのにって思います・・・って話せたら恐いですよね(笑)
そうそう、病院では いっぱいいっぱいなとこがあって帰ったら「アレッ?」ってこと
しょっちゅうですv-355家に帰って冷静に考えたりしてると疑問が浮かんでくるんですよねぇ・・・
ママさんを見習って私ももう少し粘着質になろうかなぁv-411 
でも粘着タイプだと琴の先生はついてこれそうにないや(笑)
ステロイドが早く切れて気管支拡張剤が効いてくれるといいんですけどね。。
そしたら琴の大好きなササミが待ってますv-290
2008/03/14(金) 01:34:42 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
ナナママさんへ
はい、いつもの副院長先生でしたv-354
あの先生ね ここだけの話、しっかりしてそうだけどちょっと抜けたとこがある先生なんですv-411v-356
診察帰りの車の中では私と母でY獣医師の話でもちきりですよぉ(笑)
今回のようなことがあると「院長先生に代わってもらうよ・・・」とか(爆)
ナナちゃんも伝え方が少し違ってたんだ、、ワンニャンはしゃべれない分、飼い主が症状を説明しなきゃいけないですもんね。。ワンニャンたち、心の中で「違う~っ」って思ってたりしてi-229
琴の病院は母の都合でだいたい午後に行ってますv-100
ウチは4時くらいに行くことが多いんだけど、この時間帯って空いてますよね。だいたいスグに呼んでもらえますv-290火曜は珍しく行ったとき誰もいなかったんですよ。午前中だと11時くらいが空いてるかなぁ。抗がん剤治療中は通院の後に何かあっても診てもらえるように、なるべく午前中に行ってましたv-392
何年も通ってると病院のこと、詳しくなっちゃいますねi-229
火曜のとき、ずっと補助だけしてた先生が診察してて
「やっと診察させてもらえるようになったんだぁ」とかね(笑)
2008/03/14(金) 01:35:37 | URL | リン #iU4puUNs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理人にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。