わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜もオモチャ
2007年05月03日 (木) | 編集 |

台所で何か物音がしたので行ってみると・・・

おばぁちゃんが茹でておいたアスパラを
引っ張りだしてるじゃぁ ありませんか

そういえば、この間も気になってるようだったな・・・

引っ張り出したアスパラは「もういらない」と言うので
引き続き琴の元へ・・・

そしたらもう止められない止まらない~
オモチャになっちゃいました
ヘビみたいな動きで おもしろかったらしく
延々と遊んでました

確か去年は おばぁちゃんが作ったピーマンの
出来損ないの小さなやつを転がしてオモチャにしてたなぁ

琴にかかると紙切れとか、何でもオモチャになっちゃいます

買ったオモチャでは遊んでくれないのにね


スポンサーサイト
猫白血病ウイルスのこと
2007年05月08日 (火) | 編集 |

2月10日に病院へ行ったときのお話です

獣医師に「もしかしたら(リンパ腫は)治ったのかもしれない」と言われ、母は待合室でこんなことを言いだしました。 「じゃあいま猫白血病ウイルスの検査をしたら陰性なのかな」と・・・

琴は子猫の時、猫白血病ウイルス(FeLV)の
検査をして陽性反応が出ました。
おそらく母子感染だと思われます。
インターフェロンの連続投与で陰転する確率もあると言われ、頑張ったのですが陰転はしませんでした。
この時点で陰転しなければ一生 陽性ということになるそうです。

だから私は「陽性に決まってるじゃん
何をまた おバカなことを言ってるのかと、この時は思ったのですが
あとから考えてみると私もすっごい気になってきました。
FeLV陽性ながら、こんなにも寛解をキープしてるし
16回もの抗がん剤を投与されたら
もしかしてウイルスもやっつけられてるんじゃないか・・・とか思ったりして。。

でもこんな おバカな発言を獣医師に聞けないし。。
分かりきってるようなことで、これだけの為に採血をするのも可哀相。
FeLVの検査料だって数千円するから もったいないような・・・
また陽性と出て落ち込むのもね

でも ちょっぴり気になってます。

こんなことを思いつくのは母だけで(
誰も寛解しているニャンコに再検査しようなんか思わないでしょ。
でもウイルスがいなくなってたらスゴイことだと思いません

ほら、気になってきたでしょ
獣医師ってこんなこと研究したりしてないのかな・・・


もう夏気分!?
2007年05月13日 (日) | 編集 |
最近は とっても過ごしやすくなりましたね
部屋のドアを開けっ放しにしても寒くないです

開放的になったので
琴も廊下を走り回って活動する時間も運動すれば食欲も

お陰様で元気に過ごしてます
それに最近は咳も嘔吐もなく調子がいいです


で、まだ5月だというのに
氷のオネダリが始まりました

琴は氷を舐めるのが大好きで
氷の音を聞きつけてやってきます

何でそんなに好きなんだろ
冷たいのがいいのかな

琴は暑がりだからね~

20070511131716.jpgおまけに何故か素麺も大好き・・・
もう食して夏気分 全快です

今からこんなに夏気分で
もっと暑くなったらどうするんでしょうね~


そうそう、アスパラで遊ぶのがやみ付きになった琴。。
取ってきたアスパラをもらえるまで動きません
ボロボロになったら次を出せという・・・

すごい執着心です

琴、、
人間様が食べるアスパラなくなっちゃうんだけど


も、毛布がぁ・・・
2007年05月18日 (金) | 編集 |
ここのところフミフミをしに布団へ入ってこないなぁと思ってたら
最近また来てくれるようになりました

そ~っと布団をめくって見ると、前とフミフミの仕方が違うんです
前はお手手だけで毛布をモミモミしてただけだったのに、
今はお手手と あんよを使ってモミモミ
あんよの動きが可愛いんです

おまけにもう一つ違うのが、毛布をくわえてフミフミしてるとこ。
お母さんのお乳を吸ってる気分なのかなぁと微笑ましく見てました


が、この微笑ましさが そもそもの間違いであって
隙をつかれました。。。誤食の常習犯に・・・

いつものようにお布団をセットして
髪を乾かしに行った少~しの間、、数分ですよ・・・
帰ってきたら毛布に穴が開いてるぅ・・・・・・・・・・
あ゛~最悪

毛布はやめてよぉ・・・
すぐにポイッて捨てて、ハイ新しいのってもんじゃないんだよ
そんなことより琴の体を心配しろって感じだけど

この毛布 片付けよっかな・・・まだ寒いんですけど

20070520100313.jpg

知~らにゃいじゃないよ
もうお布団に入れてあげないからね
だって布団の中で毛布食べられてたらシャレにならないもん

でもホントの心の中は、フミフミをしにきて欲しい飼い主です


クリック募金&琴がパンダに変身!?
2007年05月23日 (水) | 編集 |
もうお気づきの方も多いと思いますが
少し前からクリック募金を設置してみました

クリック募金とは・・・
クリックするだけで私たちの代わりに企業が寄付をしてくれるというものです。
ですので自分に一切お金はかかりません。



現在は8サイトあります。
例えば・・・熱帯雨林保全、難病の子ども支援、盲導犬支援、
骨髄移植推進、障害者スポーツ支援、ユニセフ支援などです。
それぞれのサイトで一日1クリックができ、1円となります。
すべてのサイトに参加すると1日に計8円の募金をしたことになります。

お時間のあるときにサイトを覗いて
現状だけでも知っていただければ いいなと思ってます。
もし賛同していただければ是非クリック募金にも参加してくださいね

私はこういう支援などに参加することって
なかなか出来ない性格なんだけど
クリックすることなら簡単に出来ます。
ホントに少しの役にしか立たないかもしれませんが
自分にできる小さなことからでも参加していこうと思います。
世界中の人々が平和で平等に暮らせる日がきますように・・・




さて琴はというと・・・


パンダになっちゃいましたぁ


母がジュースのオマケに もらってきた袋です


首にかけてみると まんざらでもないみたい


歩けば これまた可愛いんですよ


20070522102001.jpg

琴って絶対 服とか着させるとダメなタイプだと思ってたんだけど、嫌がることもなく そのまま行動


意外~


こんな姿を見ちゃったら
ニャンコ用のお洋服を買いたくなる~


まっ、少しの間だから付き合ってくれたんだよね



琴の貴重なカメラ目線がみたい方は続きをどうぞ


[READ MORE...]
誤食の原因 解決!?
2007年05月27日 (日) | 編集 |
琴が誤食の常習犯ということを ご存知の方も多い、、ですよね・・・
でもみなさん、ちょっと原因が分かったかも知れません

私・・・
こんな本を持っていたことをスッカリ忘れてました
実はコレ、琴が通院している病院に
「ご自由にお取り下さい」と置いてあった本です

内容は、フォックス博士(獣医師)がニャンコの飼い主さんの悩みや疑問に答えているもので、この中に誤食で悩んでる・・・という質問もありました

回答は・・・
この行動は不安を表しているだろう。なぜなら早くに母猫から引き離された猫が成長したあとに、このような神経症的な行動をとる傾向が強い。毛布やタオルをお母さんのつもりで抱きしめ、フミフミをしたり、お乳のつもりで吸って咬んだりすることが誤食に繋がっているのだろう。
止めさせる一番の方法は、そのような素材のものに近づけなくすること。
食べられないけれども気持ちの良い感触の表面を持つ木の板を与える。

また、粗繊維が身体に必要なために食べることもある。
なかには快感を覚えている猫すらいる。
まず布の変わりに青草を食べさせてみるといいでしょう。

20070526025451.jpg
↑の最後の回答にビックリでした~
繊維質が必要なんですね~。
フードだけでは補えてないんだ

ということで、ニャンコ草を育てようかなと思ってます
だいぶ前に数回ほど育てたこともあったんだけど、
1週間ほどしかもたないんですよね・・・
そんなに琴もバクバク食べることもないし
作らなくなったという。。

琴、また買ってくるね

これで解決するかな
するといいな・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。