わが家のニャンコ、琴の日常を綴ってます(*^_^*) FeLVによるリンパ腫を発症し、抗がん剤治療を乗り越えて完治と言われるまでになった琴。だけど今は気管支炎や嘔吐、てんかん発作で闘病中です。毎日お薬を飲んで頑張ってます!!よろしくニャン♪
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンパ腫発症から5年!!
2010年11月14日 (日) | 編集 |
琴ちゃん、生後11ヶ月のときにリンパ腫を発症してから
5年が経ちました

5年って、なんだか節目って感じだね

闘病中は1日、1週間、1ヶ月、1年後を迎えられるか
不安で長く感じられたのに
時間って あっという間に経ってる。。
嬉しい反面、怖くもある。

今も病気への不安が いっぱいあって
「このまま元気で過ごせますように」
と願わない日はありません。

この先10年、15年、20年と化け猫と言われるくらい
元気に節目を迎えてくれますように

こんな おとぼけ顔の琴ちゃんを ずっと見ていたいです
101017_100006 1


スポンサーサイト
抗がん剤治療 終了から4年
2010年04月19日 (月) | 編集 |
琴ちゃん、19日の今日で
リンパ腫の抗がん剤治療を終了してから4年が経ちました

違う病気で お薬を毎日 飲んでたり
ちょこちょこ心配させられることも あるけど
一番 恐ろしくて強敵のリンパ腫は今年も無事に寛解を保ててます

これからも毎日を のんびり琴のペースで過ごして
心身共に健康を保ってもらえたら いいなぁと思ってます

100331_173728 1


たまに お騒がせな記事を書いたりしますが
マイペースに過ごす琴と、心配性の飼い主を
これからも見守っていただけると嬉しいです




P.S
先日の、目と後ろ頭の腫れですが
病院に行った翌日には すっかり腫れがひきました。

赤みも痒みもなく、本当に いったい何だったんだか
ですが、落ち着きました


リンパ腫発症から4年が経過!
2009年11月14日 (土) | 編集 |
11月14日、リンパ腫を発症してから一度も再発することなく
今年で無事に4年目を迎えることができました


琴すごいよぉ
わが家で奇跡的なことが起きてるなんて夢のようだよ
元気でいてくれて ありがとう
これからも元気いっぱいの琴でいてね

091106_112149 1
おひげが未だに生え揃わなくても可愛いよ


琴を応援してくださってる方、ご訪問してくださってる皆さん
いつも本当にありがとうございます

琴がリンパ腫で闘病中のときは、
いつどうなるか分からない琴のことをブログに残すのも辛いし
みなさんに報告することも辛くて、ブログを始める気持ちにはなれなかったけど
今では このブログに支えられていて、
記事を書くことによって不安を紛らわすことができてます。
不安な時の、みなさんの応援って本当にありがたい。。
自分一人では心配しすぎて琴を支える力がなかったはず。
応援があったからこそ琴は病気に負けることなく元気でいられます
ブログをやってて よかったぁ

この間のハロウィンでも そうだけど
ブログをやってなかったら琴に変装させてまで
写真を撮ってなかったと思うし、
カメラを向けることも あんまりなかったかも。。
いっぱいの思い出も作ることができてます

このブログは私の宝物だぁ

この先も たくさん不安な気持ちを書いちゃうと思うけど
なるべく元気な様子や、変顔だったり(笑)、
たまにはカワイイ姿をお伝えしていこうと思います

こんなブログでも琴を励みに頑張ってくれる子がいるよね
琴の寛解記録を励みに頑張ってもらえるよう
琴も頑張らなくっちゃねっ

091030_0814261.jpg

ハハハ、そうだね(笑)
琴の気がキツイとこも病気に勝てた勝因の一つかもね

こんな飼い主と琴ですが
これからも変わらぬ応援をしていただけると嬉しいです


抗がん剤治療終了から3年です
2009年04月19日 (日) | 編集 |
今日は計16回の抗がん剤治療を無事に終了した日です

あれから3年が経ちました

090417_094542 コピー1

今もいろんな病気と闘っているけど、
リンパ腫は再発することなく琴は元気でいてくれます


琴、ありがとう。
応援してくださっている方、ありがとう。
病気を治してくれた先生、ありがとう。
感謝の気持ちでいっぱいです



これからも病気と上手く付き合いながら
琴と一緒に のんびり頑張っていこうと思いますので、
引き続き見守っていただけると嬉しいです



リンパ腫を発症して2年が経過した頃、琴の先生が大きな学会で
琴の症例だと思われる題目で症例発表されていました。
数ヶ月前に その時の文献がやっとHPで閲覧できるようになり、
早速読むと、やっぱり琴だと思われる

転載はできないと思うので、少し編集して・・・
アップしてもいいよね
琴のことだし


琴は維持療法を行わないCHOP療法を基本とした化学療法をしたみたいです。
この治療法を実施したところ、ネコちゃんのリンパ腫でよく用いられる
COP療法よりも寛解期間が非常に長かったそう。
琴より100日ほど前に発症したニャンコと琴の寛解記録によって、
ネコちゃんの前縦隔型リンパ腫に対するCHOP療法のプロトコールの有効性と、
ネコちゃんのリンパ腫においてもワンコやヒトと同様に
完全寛解後の維持療法の不必要性も示唆された、とのことでした。

CHOP療法・・・:シクロフォスファミド(エンドキサン)、:アドリアマイシン(ドキソルビシン)
           :オンコビン(ビンクリスチン)、:プレドニン の抗がん剤を投与


このように症例発表して下さったことによって、
多くの獣医さんや飼い主さんに知っていただくことができるので
文献を残せたことは本当によかったなぁと思います。
もちろん私が書いたわけでも頼んだわけでもないのですが、、(
琴の先生に感謝してます


全ての子に この治療法があうわけではないけれど、
完全寛解してくれる子が少しでも増えるといいな・・・
また、琴のように完治と言われるくらいにまで
元気になれるってことを知って、希望を持ってくれたら嬉しいです。

みんなみんな元気になりますように・・・


リンパ腫発症から3年
2008年11月14日 (金) | 編集 |
リンパ腫発症から3年
11月14日は琴がリンパ腫の宣告をされた日。

は その前日の写真です。

あと1週間ほどで1才になる時でした

小さい頃から写真を撮るとなると全然ジッと
してくれなかったので、アルバムには目線のない
写真や寝ている姿ばかり。

なのに、この写真は毛布に包まれてもジッとして
目線までくれてます。
しかも、この頃は めったに入れてもらえなかった
私の部屋。探索したくて動き回るはずなのに・・・

この時は そんなに気にも留めず「可愛い写真が撮れた」って思ってました。
琴は しんどくて動かなかっただけなのにね。。
そして、翌日に余命宣告を受けるなんて思ってもいませんでした。


あれから3年が経ったんです。

闘病中は すごく長く感じられたけど、
今となれば あっという間に過ぎてきた気がします。

母も先日言ってたけど
「琴は治療をしても“6ヶ月~1年しか生きられない”って聞いたから、
長生きできないって思ってた」
って。
私が「あれから3年も経ったんよ~」って言ったら
「奇跡だね!」って言ってました。

今更 気づいたのか、、って思ったけど
辛い闘病生活を忘れるくらい月日が経ってきたってことなのかな。

琴の先生も治療中は「絶対に再発する」って言ってたし、
あまり前向きな言葉をかけてもらった記憶がない。
でも、そんな先生も今は
「リンパ腫は完治といっていいから心配する必要はない」
定期健診もしていないほどです。

私自身もだいぶ、リンパ腫の再発を心配することはなくなってきました。

琴は みんなをビックリさせるほどの強い生命力で、
安心させてくれるまでに元気になってくれたんだね
本当に奇跡なんだよ
今日も元気でいてくれて ありがとう
これからも ずっとずっと元気でいてね


いつもご訪問&応援をしてくださっている皆様へ
皆様には応援や励ましをしていただき、いつも支えられ元気をもらっています。
だからこそ琴には穏やかに接しながら見守ることができているんです。
私一人や家族だけでは病気に負けていたと思います。
応援や励まし、本当に ありがとうございます。
また、皆様が遊びに来てくださっていることが励みになっています。
これからも元気な琴の様子を お伝えしていきますので
どうぞ よろしくお願いします

11ヶ月だった琴も、もうすぐ4才になります
来週は また、お誕生日も是非 一緒に祝ってやってください

リン・琴


抗がん剤治療 終了から2年
2008年04月19日 (土) | 編集 |
抗がん剤治療終了から2年
4月19日・・・
琴がリンパ腫を発症し、
5ヶ月間の抗がん剤治療を終了した日です。
再発することなく無事に2年が経ちました
発症からは2年と5ヶ月です

私が言うのも何ですが・・・
琴は本当に すごいよ!強いよ!
頑張ってくれて ありがとう

時々思うことがあります。
琴って本当にリンパ腫を発症してたのかな、って。。
(実際に発症してたんだけど・・・)

だって信じられないんですもん。
FeLV陽性だし、再発率の高いリンパ腫、
それに維持療法もしてません・・・
ネットで検索しても予後は悪い記録ばかりです。

でも琴は こんなにも頑張ってくれてます。
元気でいてくれることに感謝しなくちゃ

その恩返し、、じゃないけど
いま闘病中のワンニャンに希望をもってもらえるよう
琴は もっともっと長生きして励ましてあげなきゃね。
私はブログで琴の様子を伝えることかな。
再発や新たな病気が怖い私にとって
こうすることで自分自身が頑張れるから・・・
琴、一緒に頑張ろうね

そう、琴がリンパ腫を発症してから続けていることがあります。
それは体調の変化が判るよう記録してきたこと

咳や嘔吐のメモ、お薬の記録、食事量、オシッコとウンの回数などです。
記録
小さなメモを色画用紙に貼っていってたら、こんなにも溜まりました
ノートに書けば よかったかなって今更ながら思うけど


普段の生活ではストレスを与えないようにすることはもちろん、
室温の管理には気をつけています。
あと、琴が寂しい思いや咳をしたり吐いたりしてないか判るよう
一緒の部屋で寝るようにしたこと。
発症したときの症状の一つが咳だったので、
聞き逃さないよう家で音楽を聴くことも なくなったかなぁ。
寂しい思いをさせないよう、琴を おうちに一人ぼっちにさせることもないです。
この生活ができることが幸せなんですよね。
ずっとずっと続けていきたいです。
もちろん私一人ではできないし、家族が協力してくれるから続けられてます。

この日を迎えられて、リンパ腫に関しては
私の中で少し一区切りできた気がするんです。
決して再発の可能性がなくなったわけではないのですが、、少しだけ。。
獣医師からも“完治”という言葉を何度もいただいていますが、
やっぱり心配は尽きないです。
でも大きな大きな目標が達成できました
応援してくださっている皆さん、琴の先生
み~んな ありがとうございます

まだまだ嘔吐の問題や気管支炎の悪化、
それにFeLVウイルスが悪さしないよう
これからも闘っていかなければなりません。
が、リンパ腫を ここまでやっつけてる琴だから
頑張ってくれると信じて飼い主も一緒に頑張りますので
温かく見守っていただければ嬉しいです。
これからも宜しく お願いします


気管支炎の お薬
2007年12月18日 (火) | 編集 |
2007年12月17日(月) 病院

20071217174552s 1
食物アレルギーと腎機能の値を診るため、
血液検査をしに1ヶ月ぶりの病院へ行ってきました

体重4.98㎏(-0.02)
39.1℃
聴診大丈夫

前回の診察日からの様子はというと・・・
嘔吐2回、咳2回


嘔吐と咳を立て続けにしたので、余ってた お薬を
飲ませると すごく調子がよくなって、よく遊ぶし
食欲もでたんです

やっぱり お薬飲まないと調子悪いのかなぁという感じ。。

で、また お薬を止めて様子を診てたんだけど
数日後、一日中寝てばかりでダルそうにしてたから、
お薬を飲ませると また元気になるんです。
こんな感じを何回か繰り返して分かったのは、
お薬を飲ませて2日間は元気なんだけど3日目からダルそうになったこと。

今日はお薬を飲んでから4日たっているのでダルそう。。
それに待合で待っているとき、いつもならバックの中で箱座りしてるのに
隅っこのほうによってベターッと寝てるし

獣医師は、
ダルそうなのはリンパ腫からきている可能性は低いでしょう、って。
もし琴が再発するんであれば発症した前縦隔型ではなく
違う型(多中心型や消化管型など)で再発する可能性のほうが高いらしいです。
前縦隔型は若い子に発症する型だからだそうで、(琴もまだ若いんだけどね・・・)
違う型は10歳くらいに発症しやすいらしい。。

お薬の話は、「ん~そうですか~・・・」という感じ。。
とりあえず血液検査をして判断することになりました。

血液検査の結果
12月17日病院2
(血球容積とヘモグロビン量の増加・・・考えられる状況、疾患は脱水)

(好酸球の増加・・・考えられる状況、疾患はアレルギー疾患・寄生虫感染)
この数値は まだ下がっていませんでした

12月17日病院3
腎機能の数値は正常値だったので、やっぱり食物アレルギーだそうです。

嘔吐は、療法食に変える前は3日に1回吐いてたので、月2回なら大丈夫みたい。
お薬のことは・・・
「あんまり聞かないんですけど・・・
お薬を飲んで すぐ元気になるということは副作用かもしれません。。
元気になってるんじゃなくて、興奮して元気そうにみえるだけ」

だそう

確かに効きすぎって感じくらい元気になるんですよね。。
琴は前にも違う種類の気管支拡張剤で副作用でたし
ホントお薬の副作用が出やすい子
ダルそうにしてるのは本来の琴の姿であって、調子が悪いわけではないようです。
咳の回数が増えたり食欲がなくなるようであれば考えなきゃいけないらしいけど。。

なので、「お薬は飲ませないで様子を診てください」とのことでした。
食物アレルギーは このまま様子見で
次回は間隔を空けて2ヵ月後に診察予定です

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
生化学 ・・・・・・・・・・・・・ 400円
生化学 ・・・・・・・・・・・  1,200円
合計             4,673円


リンパ腫発症から2年が経ちました
2007年11月15日 (木) | 編集 |
20071113152130s 1
昨日14日は、2年前にリンパ腫と診断された日。
余命2~3ヶ月と言われた あの日から・・・
無事2年目を迎えることができました

この1年は通院することも ほとんどなく、
おうちで のんびり過ごせた年
リンパ腫は お陰様で経過観察だけで済んでます。
気管支炎は去年に比べて咳の回数もグンと減り、
夏に初めて お薬を減らすことができました。
だけど 調子を崩してしまい、食欲不振が何ヶ月も
続いたんだよね。とっても心配させられました。。
お薬の回数を戻して また振り出し・・・
現在は涼しくなった助けもあってか、無事お薬も
一日1回に減らすことができました。

去年より一歩前進
来年までには お薬を飲まなくてもいい生活ができてたらいいな・・・

それに この年は雑誌にも載ることができ、
ブログを読んでいない方にも琴のことを知ってもらうことができました。
病気で闘っている子たちや飼い主さんたちに希望を持ってもらえてたらいいな。
これからも希望を与え続けられるよう琴も元気に頑張ります
FeLVやリンパ腫なんかに負けてられないよ。気管支炎も・・・
同じ病気や違う病気で闘っている子たちも病気なんかに負けずに過ごそうね


いつも琴のことを応援&見守ってくださっている皆様、
本当にありがとうございます
この日を元気に迎えられることができ本当に嬉しいです。
毎日毎日、再発を心配しない日はありません・・・
時には不安で、怖くてたまらなくなり泣きそうなときもあります。。
この先も再発の心配や、まだ嘔吐の心配も残りますが
平穏な日々が送れるようサポートしていきたいです。
そんな飼い主を知ってか知らずか自分のペースで日々過ごしてくれている琴。
飼い主はちょっと振り回され気味なとこはあるけど()、
琴が元気でいてくれるなら、それだけでいい。
琴、ずっとず~っと元気でいてね

こんな飼い主と琴ですが、これからもどうぞ宜しくお願いします


嘔吐の原因は何だろう。。
2007年10月22日 (月) | 編集 |
2007年10月20日(土) 病院・お薬のみ

琴のお薬がなくなるので もらってきました

食欲・元気ともに良好、咳もなし
嘔吐は4回。。

いつも、「あんまり吐くようなら・・・」って言われてたけど、
今回は「4回以上吐くようだったら連れてきて下さい」とのことです。
獣医師曰く、フードアレルギーの可能性もあるので
“食物アレルギー用”のフードサンプルを2種類くれました。

確かに琴は変わったフードを与えると吐いてしまうのですが
いま食べているのは大丈夫だと思うけどなぁ。。
同じフードをずっと食べ続けると吐くこともあるらしいしけど・・・
かなり前に、嘔吐について相談したときにも
アレルギー用のフードをくれて試したことがあるんですよ。
でも吐いてしまったような。。

つまり、私が思うに食欲も元気もあって吐くのは
急にガッツイテ食べて気管が刺激されるから吐き戻しちゃうんじゃないかと。。
吐くのは今に始まったことじゃないし・・・

琴を病院に連れて行ってないもんだから、
嘔吐については ずっと平行線をたどってます
元気のある嘔吐なら、病院へ連れて行っても原因は分かりそうにないけどね・・・
だって獣医師も前、「嘔吐の原因をつきとめるのは難しい」って言ってたような

再発以外に考えられるのは、フードアレルギーか
琴は気管支炎だから刺激されやすいって可能性。
もしくは他に原因があって、突き止めるにはカメラをのまなきゃいけないから
琴にとってストレスや麻酔の危険を冒してまでするのは・・・
ってことになるんですよね
う~ん、、いつになったら嘔吐の原因が解明されるのやら

気管支炎のお薬は、一日1回の服用で変わりませんでした

<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日1回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 350円
合計      368円

20071021143741s 1
おもちゃのテープを持ったまま寝ちゃった琴です


病院行きは嫌よ!
2007年09月25日 (火) | 編集 |
2007年9月22日(土) 病院・お薬のみ

20070924230758s1.jpg
最近の琴はとっても調子がいいんです

実は先週の連休中、琴は ずーっと寝てばかりで
お耳も温い気がするし、ダルそう
食欲は落ちなかったんだけど、すっごい心配になって
休み明けには病院へ連れて行こうと思ってました

が、それを察したのか琴はいきなり元気に

ちょうどその頃、ドライフードがなくなりかけたので
琴の食べたことのない新しいフードを混ぜると
物珍しいのか食欲も増して、元気いっぱいに
遊んでくれるようになったんです


何がきっかけかは判らないけど、暑さも変わってないのに
この体調の変わり様にはビックリです

なので琴も病院へ連れて行く予定だったけど
急遽変更でお薬だけもらってきました

咳はしておらず、嘔吐は2回(1回は毛玉)で まずまず

獣医師に、「ずっと(6月末から)咳をしていないし、
前回(6月)レントゲンを撮ったときに肺の影も薄くなってきてたので
お薬をまた一日1回に減らしてみましょうか?
本当は咳をしていないので切ってもいいんですけど・・・」
と言われました。

また調子が悪くならないか心配すると、
「前回は診察に来てからお薬を減らして
ストレスのせいもあったかもしれないので、
今回は診察せずに減らして様子をみたい」
とのことです。


雑誌の話も
獣医師はニコニコしながら
「僕のところにも雑誌が届いて、見ましたよ。感動的な内容でした」
って言ってくださいました
嬉しい
あと多分、余命宣告の記事だと思うんだけど
「なんかひどいこと言ってたようでゴメンなさい」って言われちゃった
でも嘘つかれても嫌だし、それがお仕事ですもんね・・・

それから、「この11月で発症から2年が経ちますね。
秋を越せば“治癒”と言っていいでしょう」
って
発症から2年で完治だったっけ
どちらにせよ、心配がなくなることはないけど
取りあえずの目標かな

こうして改めて琴の闘病生活を振り返ることができてよかった気がします
先生にとっても忘れられないニャンコになったかなぁ
お忙しいのに快く取材を引き受けてくれた先生にも感謝です


<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日1回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 350円
合計      368円


早速 お薬を減らしてから数日が経ったんだけど、
お薬が切れてる時間は気持ち大人しいような・・・。
元々 寝てる時間だし判りにくい
でも食事量は変わっていないので大丈夫かな~。
少し様子をみようと思います


ちょっと吐きすぎ!?
2007年08月27日 (月) | 編集 |
2007年8月24日(金) 病院・お薬のみ

またまた新聞の上の琴ちゃんです
新聞の上でカメラ目線
貴重なカメラ目線はもちろんのこと、
あんよにも注目していただきたいです


さて、24日(金)に琴のお薬をもらってきました
約1ヶ月の間、咳は全く聞いてないけど嘔吐が6回(1回は毛玉)ありました。
あと食欲のある日ない日、元気のある時ない時と
ムラがあることを伝えると、嘔吐の6回という回数が多かったみたいで
あまりよくないみたいです・・・
もしかしたら肺が気道を圧迫して もどしているのかも、、らしい

これ以上回数が増えたり、元気がなくなるようなら
連れて来て下さいとのことでした。

お薬を減らして調子の悪かった時に比べたら、
食欲も元気もあってホッとしてたんだけど
こういうことを言われると急に心配になってきます
「そういえば最近・・・」とかって

また吐いてしまうようなら検診も兼ねて病院に連れて行こうと思ってます。

大丈夫だと思うんだけどなぁ、、いや大丈夫だといいんだけど
先生も診てないんだから何とも言えないですよね・・・

<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 700円
合計      735円


白血病じゃない!?
2007年07月31日 (火) | 編集 |
2007年7月27日(金) 病院・お薬のみ

琴のお薬をもらってきました
咳はしてなくて元気はあるものの、食欲はボチボチ・・・
痩せたり、これ以上食欲が落ちたら連れて来て下さいとのことでした。
今回は1ヶ月分の処方です。

<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 700円
合計      735円


お薬をもらいに行った時の話で、ちょっと訳わかんない話になっちゃうんだけど・・・

母が獣医師に「白血病からリンパ腫を発症した闘病生活・・・(ホニャララ)」って
話をしたら、獣医師に「琴ちゃんは白血病じゃないです!白血病は発症してないです」
ってキッパリ言われたらしいんです。。

琴はFeLVって言って猫白血病ウイルスというのに感染してるんですね。
で、ウイルスに感染しているが為にリンパ腫を発症しちゃったんです。
そして、リンパ腫を発症したということは
FeLVを発症したってことになると思うんです。
これ間違ってないよね

もし間違ってたら琴はリンパ腫を発症したけど
FeLVは発症してないってことになるから・・・

母が“猫白血病ウイルス”のことを“白血病”って表現したから
「白血病じゃない」って言われたのかな・・・
確かに人間が発病するタイプの白血病ではないけど。。
その言葉の表現くらい解ってくれてもね
違うことは「違う!」とか結構言い切るタイプの先生なんだよね

この後もっと突っ込んで話を聞けばいいのに
「白血病じゃない」って言われ、頭が真っ白になって聞けなかったそう
もうちょっと しっかりしてくれよぉ~って感じでした

20070731032117s 1
新聞を読んでたらお邪魔虫が
でもニャンコが新聞の上に乗るのって本能らしいですよ
なので怒らず立ち去るのを待つ

琴は新聞に限らず、人が何か読んでるものであれば邪魔してきます
しかも一番読みたいところに乗っかってくるんですよね


調子の悪かった原因
2007年07月15日 (日) | 編集 |
2007年7月14日(土) 病院・お薬のみ

ここのところ調子が少ししてきた琴
夜は走って元気
ドライフードを食べる量も ちょっと増えたんです

お薬は まだあるけど早めにもらってきました
琴は いつものようにストレスを避けるため、お留守番です


最近の琴は、
夜は元気で咳はしていないけど
昼間は寝てばっかりで食欲が低下した、などと伝えると

獣医師曰く・・・
昼間 寝てばかりなのは肺が苦しいからで、
夜は お薬を飲んで楽になるから元気なんでしょう、とのこと。
ニャンコはしんどくても走るらしく、寝てるのは よほどのことらしい

一日1回に減らしたお薬を一日2回に戻してみることになりました。
2週間分のお薬を処方してもらって、もし改善されなければ他に原因があるとのことです。

<お薬> 14日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 350円
合計      368円


早速、お薬を飲ませました
そしたら何と即効です
朝は寝てばかりだった琴が昼前まで起きてるじゃ~ありませんか
ちょっと走ったりもしてるし
調子が悪くなる前の生活リズムです
ス・ゴ・イ

今日だけの様子なので判らないけど、きっと肺がしんどかったんですね。。
お薬の4分の1錠でこんなに違うなんてビックリです。
もっと早く獣医師に相談しとけばよかったぁ゛~
てっきり通院のストレスや暑さからくるものだとばかり思ってて、、
夜は涼しいから元気になって、そのまま夜型になったんだろうと・・・
咳もしてなかったので、まさか気管支炎で しんどかったなんて思いもせず
めちゃくちゃ反省です素人判断はいけませんね
琴ちゃん、ゴメンなさい

今日は先生さすがって思った日でした。
これくらいの診断は出来て当たり前なのかもしれないけど、
「食欲は自分で調節してるんでしょう」とよく言う先生なので
見直しちゃいました(←何様(笑))

調子はしてきてたけど、お薬でもっとしてくれるといいな
食欲もこれで普通に戻るかなぁ


の写真は調子のよくなった琴が
お邪魔虫をしているとこです

母が本の片付けをしてたら
隙間にピッタリはまりました

落ち着き始めたとこに さらに本を押し込むと・・・

この迷惑そうな顔(笑)

この後、そそくさと逃げていきました

なんか笑える写真です



久しぶりの診察
2007年06月06日 (水) | 編集 |
2007年6月5日(火) 病院

091030_0813311 1琴、約4ヶ月ぶりの病院へ行ってきました
結果は今のところ良好

今回は「フー、シャー」と怒ることもなく
ちょっと おりこうな琴でした
先生にも褒めてもらったんだよね

体重4.88㎏(前回 5.02㎏)
肺音大丈夫
触診あっ、忘れてる・・・

今回はレントゲンだけと言ってたのに
血液検査も追加
いつもは白血球やリンパ球などの項目だけでしたが、内臓系の項目も久しぶりなので調べました。

レントゲン検査の結果
前回より若干、肺の影が薄くなっている感じ
若い頃にリンパ腫を患っているので消えることはないかも・・・
まだ心臓の陰影がハッキリしていないので咳がでるそう。

レントゲンで診る限り再発の心配はなし
「抗がん剤を切ってから1年が経っているので
もう完治と言っていいけれど、曇りがまだあるので
定期的にもう少し様子を診たほうがいいでしょう」
、と言われました。
(おいおい、簡単に完治という言葉を使いますね~

お薬は まだ止められないけど
様子をみながら減らしてもいいでしょう、とのことです。
ということで一日1回になりました
もし咳を頻繁にするようになれば一日2回に戻してくださいとのこと。

血液検査の結果
20070605.jpg
白血球は いつも少なめなので問題なし。
リンパ球は、数値では問題ないけど
顕微鏡でみると発症時よりは小さいが、いつもより大きいらしい・・・。
でも再発ならばレントゲンで診たほうが早く判るので心配ないでしょう、って。

(総コレステロールの増加・・・考えられる状況、疾患は脂質代謝異常)
ちょっと高めで、、
「人間の食べ物 与えてますか?」って。
人間の食べ物を与えているニャンコは数値が高いみたいです。
今のところ問題はないけれど気をつけなきゃ

(尿素窒素の増加・・・考えられる状況、疾患は腎障害・脱水・心不全)
(クレアチニンの増加・・・考えられる状況、疾患は腎疾患・尿路閉塞)
この2つも高めで要注意、、
症状がでるとすれば水をたくさん飲んだり、オシッコの回数が増えるので
咳をしてなくても診察に連れて来て下さい、とのこと。
今のところ症状が出てないので、また定期的に検査しましょうとのことです。


レントゲン、血液検査ともに大丈夫みたいだけど
リンパ球の話とか かなり心配なんですけど
まぁ、今朝は猛ダッシュして遊んでたので あんまり心配しないようにします。
あとは通院後のストレスで体調を崩したり、食欲低下に気をつけなきゃ

<お薬>
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日1回 1/4錠

<診療費>
再診料 ・・・・・・・・・・・・・ 600円
採血料 ・・・・・・・・・・・・・ 500円
血液検査ルーチン ・・・ 1,750円
生化学 ・・・・・・・・・・・  1,200円
生化学 ・・・・・・・・・・・  2,800円
レントゲン検査 ・・・・・・ 4,600円
合計            12,023円


ニャンコ草
2007年06月01日 (金) | 編集 |
2007年5月29日(火) 病院・お薬のみ

気管支炎のお薬だけもらってきました

今度、琴が調子のいいときに連れて来てくださいとのこと。
レントゲンを撮って状態がよければ、お薬を減らしてみるそうです。
(今は1日2回のところを1回に)

今週は忙しいので来週あたりに行こうかな、
と思ってたけど久しぶりに咳しちゃいました

連れてっても大丈夫かなぁ
前、ずっと咳が止まってたのに検査のために病院へ行ったら
ぶり返して咳や嘔吐が増えたんですよね。。
だからホントはあんまり連れて行きたくないけど、、
頑張ってもらわなくては

<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・ 700円
合計      735円



ニャンコ草、父がホームセンターに行くというので
ついでに買ってきてもらいました

私は種から育てたかったのに、もう生えたのを買ってきたんですよぉ
何かかかってたらイヤじゃないですかぁ・・・(考えすぎ
「すぐ食べられるじゃろ~」だって



早速 琴は草に食いつきました
20070530131230.jpg
めっちゃ食べてます

前は そんなにムシャムシャ食べなかった気がするんだけどなぁ・・・
草ばっかり食べてフードの量が減らなきゃいいんですけどね

お陰で すでに草はボッサボサ
種から育てるのも買ってきてくれたので、また育てようと思います

これでもう誤食がおきませんよぉに


猫白血病ウイルスのこと
2007年05月08日 (火) | 編集 |

2月10日に病院へ行ったときのお話です

獣医師に「もしかしたら(リンパ腫は)治ったのかもしれない」と言われ、母は待合室でこんなことを言いだしました。 「じゃあいま猫白血病ウイルスの検査をしたら陰性なのかな」と・・・

琴は子猫の時、猫白血病ウイルス(FeLV)の
検査をして陽性反応が出ました。
おそらく母子感染だと思われます。
インターフェロンの連続投与で陰転する確率もあると言われ、頑張ったのですが陰転はしませんでした。
この時点で陰転しなければ一生 陽性ということになるそうです。

だから私は「陽性に決まってるじゃん
何をまた おバカなことを言ってるのかと、この時は思ったのですが
あとから考えてみると私もすっごい気になってきました。
FeLV陽性ながら、こんなにも寛解をキープしてるし
16回もの抗がん剤を投与されたら
もしかしてウイルスもやっつけられてるんじゃないか・・・とか思ったりして。。

でもこんな おバカな発言を獣医師に聞けないし。。
分かりきってるようなことで、これだけの為に採血をするのも可哀相。
FeLVの検査料だって数千円するから もったいないような・・・
また陽性と出て落ち込むのもね

でも ちょっぴり気になってます。

こんなことを思いつくのは母だけで(
誰も寛解しているニャンコに再検査しようなんか思わないでしょ。
でもウイルスがいなくなってたらスゴイことだと思いません

ほら、気になってきたでしょ
獣医師ってこんなこと研究したりしてないのかな・・・


嘔吐とフード注文
2007年04月28日 (土) | 編集 |
2007年4月27日(金) 病院・お薬のみ

20070427170228s1.jpg
琴のお薬もらってきました
ここ最近は咳する姿を見ていません

でも嘔吐が気になっていたので聞いてみました。
週1くらいで嘔吐というか
私が思うに消化不良でゲーをしてしまいます

獣医師は・・・
・あまり頻繁に吐くようなら連れて来て
・もしかしたらフードのアレルギーかも
・咳をして吐くのは注意
・食べてスグ吐くのならいい
琴は気管支炎があるから
刺激されて吐きやすいらしいです。。

あんまり回数が増えたら診てもらったほうがいいかもですね
次回は4週間後の診察orお薬をもらいに行く予定です。

<お薬> 28日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

20070427170218s1.jpg<診療費>
内服薬 ・・・ 700円
合計      735円


さて、いつも購入しているフードとサプリメントが
値上がりするということで、「ことりんnoおうち」も
値上がりの前に注文しました

アズミラのパウダルコ、
サナベルのフードを2種類、
バイオスのお水を2回に分けて購入

でも最近、サナベルは飽きてきた様子・・・
琴、しっかり食べておくれ~


1年が経ちました
2007年04月19日 (木) | 編集 |
4月19日は琴がリンパ腫を発症し、計16回の抗がん剤治療を終了した日
そう、1年が経ったのです
無事に寛解をキープしたまま迎えることができました

発症から1年を迎えられたときは嬉しい気持ちが本当に大きかったけど
今回はなんていうんだろう・・・
琴の生命力に驚かされます。褒めてあげたいです。

先代タマが、ガンを発症したとき
発症からの平均寿命というものを目にしました。
タマは本当に統計通りの寿命で虹の橋を渡ってしまったので
統計や獣医師からの余命宣告というものは本当なんだと思ってたんです。。
だから琴が発症した時に余命宣告をされ2、3ヶ月の命・・・と思ったと同時に
「そんなの絶対に信じない。獣医師をビックリさせるくらい長生きさせてやるんだ」
と強く誓ったことを覚えています。
琴はその期待に応えてくれました。本当にすごいです。

リンパ腫を発症してからは1年と5ヶ月が過ぎました。
毎日「再発してないかな、、再発したらどうしよう・・・」と
“再発”という言葉は1日も頭から離れたことがありません。
少しでも寝ている時間が多かったり食欲が落ちたり、
咳や吐いたりして不安になったり・・・
これからも この心配は尽きないけど
前向きに明るく毎日が過ごせたらなと思います。

ずっとズット一緒にいたいです
これからも、たくさん愛情を注いで「もっと長生きしたい」
と感じてくれるように毎日を送りたいです。
バカかと思われるかもしれないけど
毎晩「琴、好きだよ。おやすみ。」などと言って抱きしめてから寝ています



いつも琴のことを見守ってくださっている皆様ありがとうございます
これからも温かく応援して頂けたら嬉しいです

いま病気で闘っているワンニャンの励みに少しでもなれば幸いです。
みんな元気になりますように


首輪が・・・
2007年04月09日 (月) | 編集 |
朝、「大変、大変」と言う声で目が覚めました

何かと思っていると母の手にはが・・・
20070408104240s_20091028113019.jpg

琴の首輪が食べられてる~(布のとこだけでよかった・・・)

琴を見ると当然、首輪がついてません。。
おそらく夜中の間に口輪か、どうにかなって取れたものを食べたんでしょう

でたっ、誤食犯こんなネタ提供入りませんっ

あの首輪かわいかったのになぁ
首輪は無事にウンから出てきました。。


首輪がないと、ちょっとマヌケな琴(笑)
20070408104252.jpg

もう一つのを着けようと思ったのですが、首をよく見るとハゲができちゃってて・・・
当分マヌケな琴ちゃんです



2007年4月5日(木) 病院・お薬のみ

先日、お薬を3週間分もらってきました
結局 目薬は1回も使わず
咳はちょこちょこ出るんですよね・・・

<お薬> 22日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠

<診療費>
内服薬 ・・・550円
合計     578円


ちょっとした夢
2007年03月31日 (土) | 編集 |
2007年3月30日(金) 病院・お薬のみ

琴は元気もあって食欲も安定中
今回もお薬だけにしました

咳は週1回くらい。。
伝えるのはこれだけでいいと思ってたのに母が
少し前に目を痒がっていたことを言ったらしい・・・
獣医師曰く、もしかしたら結膜炎になってるのかもしれない、と。
目が充血してないか聞かれたらしいのですが
そこまで見てなかったので判らないと伝えたところ
「充血してたら点して下さい」と抗生物質の目薬を念のため処方されました。

診察してなくて様子がわからないから、
一週間後に治ったか様子だけ伝えに来て下さいと言われたそうです。。
けど、今はもう痒がってないし治ったも様子もないよね
もちろん充血もしてませんでした

気管支炎のお薬も、目の様子と合わせて一週間分の
処方にしてもらったので、来週また お薬をもらいに行く予定です

獣医師がまた、「(リンパ腫)治ったのかもしれませんね~」と言ってたらしい。。
本当に完治してたら こんなに嬉しいことはないけど
期待を持たされちゃぁね・・・
もし再発したときにショックが大きいし

そんな琴も、あと約半月で抗がん剤治療を終了してから
一年が経とうとしています

<お薬> 8日分
気管支拡張剤(ネオフィリン) ・・・ 一日2回 1/4錠
点眼薬(抗生物質) ・・・ 一日4~5回

<診療費>
内服薬 ・・・・  200円
点眼薬 ・・・ 1,000円
合計      1,260円



遊び疲れて、ウトウトしながら必死につかまってる琴
20070330022330s1.jpg

数週間くらい前からかな
私が寝ているお布団に入ってくるようになりました

朝方、枕元をウロチョロして入れてオーラをだしてるので
布団をめくってやると、数分だけどいてくれます。
ただ毛布でフミフミしたいだけかもしれないんですけどね

でも琴は添い寝とかゼーッタイにダメで、(最近ちょっとマシになったかな)
すぐ逃げちゃうから数分とはいえ、と~っても嬉しいんです

今までは、琴と一緒に寝たくてお布団の上に毛布を敷いて寝てました
そしたら毛布の上でフミフミして、ちょっとの間いてくれたのが最高記録・・・
ちょっとした夢()は琴と一緒に
お布団で仲良く寝ることなので、少し進歩したかな

先代のタマは添い寝が大好きで、
私が横になると自分が寝てても側にくるくらいだったんです。
それに腕枕も好きで・・・
ここまでの贅沢は言わないから、琴ともう少し側で一緒に寝たいなぁ

あ゛っ、もうすぐ暖かくなって毛布がいらなくなったら
全く来なくなるんじゃぁ・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。